通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バングラディッシュ ( 42 ) タグの人気記事

小さな地球

きのう、仕事をしてると、テニスの友人から電話のよう

で、新聞に載せていただいたのを知りました
・・・我が家は、義母が読んで・・・私たちは一日遅れになることも・・・(汗;

c0023323_7281155.jpg

タイトルに倣って、学生さんから各国のお土産で


早速一緒に写ったバングラの学生さんが新聞が欲しいと言うので、新聞屋さんに

待ちきれないダンナ、夕方取りに行くのと入れ違いに、夕刊の配達に来たオイチャンが・
代金は?「いいですよ!」
たくさん頂きました ありがとう!・・・でもこんなに・・・(汗;

same as usual?
[PR]
by stefy3 | 2010-04-22 07:46 | 取材など

また、記者ちゃん

数日前、突然来たショートカットでよく笑う 記者ちゃん
翌日も見えたらしく、
昨日はカメラマンさんと一緒に
c0023323_7352072.jpg


近所のバングラディシュの学生さんと、
この前一緒にご飯を食べたイランのお父さんと卒業生と、一緒に写真を撮りました

(イランの親子は、夕方からTVの取材だそうで、
彼らは、樋口了一さんの【手紙】と言う曲がとても素晴しい号泣した!ので、
いろんな言葉で世界中の人に聞いて欲しいと、ペルシャ語に訳しています)

メインはバングラディシュの学生さん
c0023323_737380.jpg


いつの新聞に出ます?
学生さん、新聞とってないから・・・教えてあげないと・・・(汗;
c0023323_7384486.jpg

「えーーっと・・・まだ決まってません・・・」(笑)
学生さんは、○立に就職したいそうです 

記者ちゃんとバングラの学生さんが帰った後、
[PR]
by stefy3 | 2010-04-17 07:54 | 取材など

made in Japan の鍋が欲しいんだけど・

バングラに奥様と子供だけもうすぐ帰ると言うご主人からメールが来た
steffy san wanted to help my family to guide where we can buy some big Utensils (nabe) and some cosmetics
「オレの車で行ったら?みんな行くなら」
え~~ワタシかい?!(爆)

そう言いながらも連絡すると、奥様と下の子だけと言うので、さっそくその晩行った

まだお料理中で、待ってると、私の晩御飯でした
c0023323_721078.jpg

バングラの朝ご飯に食べるパラタ(インドのとは違って、プレーンを油で揚げたもの) バーミセリのキールのようなスウィーツ、他にグリーンチリ入り玉子焼き(劇辛)

食べてたら遅くなるので、何度もすすめるのを帰ってからと言って奥様と二人で出かけた
日本語は二言三言、英語も少しというバングラの奥様と、私のテキトー英語で
しかも、買い物に夢中で多分オバチャン特有の大きな声(←娘によく恥ずかしいと注意される・爆)

最初に子供のモノ
カワイイ!を二人で連発して、10枚位の激安子供服をこれは?こっちの方が!と選び、
車のおもちゃは少し高いので、ご主人に電話して購入
悩みに悩んだのは、ほとんどが甥っ子、姪っ子、親戚の子供たちへのお土産
レジのお姉さんにそう言うと、
「へぇ~どこに帰るんですか?可愛くて安くて、いいお土産ですよね!」と
全部で5千円を少し超えた
・・・ここですでに予定の1時間をオーバー(笑)
何度も、迷惑をかけるとか、遅くなるとか言ってくれるけど、いいから次も行きましょ!と

次にまた悩んで悩んで買ったのは、化粧品とシャンプー、ベビーパウダー、カットクロス、シュシュ
「ワタシの髪にはどれがいいと思う?」
と言われても、彼女はイスラムで、スカーフで髪は見えないんだけど(笑)
もちろん美白の化粧水も買った
やっと終わって、レジに行くと少しオーバーしたようで、ここでも悩んで、かごから出したり、入れたり
私もこうゆう買い物に少しは慣れたけど、
レジの人もすっかり慣れていた風で、
どこもでもかごに入れたり出したりする彼女を待っていてくれた
東京にも行ってきたけど、何でも高かったとか

結局3時間位かかって帰ると、上の娘さんがみえない
寝ちゃったの?とご主人に聞くと
「隣の友人に毎晩勉強を教えてもらってるんだ。
帰ったら英語の勉強が始まるからね」
またいつか海外に勉強に行く事はあるの?と聞くと
「今度で最後」と
奥様は車の中で、私たちが唯一仲良くなった日本人だと言った
「ホストファミリーは隣町の人で、私は会ってないし」

いつかお子さん達もまた日本に来るかもしれないから、帰っても連絡してね、と伝えると
バングラの我が家にも来てね!いつ来る?と
そうだね、バングラもいつか行かなくっちゃ

結局鍋までたどり着けなかったけれど、バングラで中国製を買うと、とても品質が悪く何度か懲りているので、日本製の鍋を買いたいらしい
安い日本製の鍋は、ほとんど見ないんだけど、日本で売っている中国製の鍋でも、何度も検査して売ってるから、大丈夫だと思うんだけど・・・と伝わっただろうか

そうそう、リキシャが本当に着たんだよ~!とPCを借りて三井さんのたびそらを見せてあげた
「えーー!バングラから持ってきた?どうやってここに来た?彼は何をしてる?・・・」と嬉しそうだった
[PR]
by stefy3 | 2010-03-26 07:46 | 近所の住人

バングラディシュ料理とビンと世界一

カーラジオは、
ランタンフェスティバルが始まると、毎年寒くなるんですよね~
と言う寒い日だった
春節で、アジアの新年が始まる


何度もメールが来て、またバングラディッシュの家族の所に遊びに行った
お土産は、HBで焼いたパンと、チラシをいっぱい(笑)


・・・ソックスはいてません;;
c0023323_723471.jpg

後で思いましたが、暖房も入ってなかった;;;

でも、暖かいもてなしでした
次はビリヤニを御馳走する!」 と約束でした
私が好きだと言ったので
c0023323_7255741.jpg

mixスパイスではなく、クローブ、シナモン、カルダモン、チリなどと、チキンとグリーンチリのバングラのビリヤニ
他に、キャベツと人参と卵ののスープのようなシチューのような
野菜のパコラ(インドのより、ふわっとしています)
バングラから送ってきたお菓子


「バングラでは、お客さんがたくさん食べてくれるのが嬉しい」
と言うので、沢山頂いてきました
バングラは温かい料理を食べる、とご主人
そういえば、先日うちに来た時も、日本のお茶なら冷たくてもいいけど、普通は飲まないと
正月に来たスリランカ人も、お茶は温かくなくっちゃと

c0023323_7535545.jpg


「これは、びんで・・・」とご主人
「あ~瓶ね・・・」とダンナ

んっ?
瓶って思ってない?

熊本と宮崎に行きたい。ハイヤーは高い?
東京にも行きたい。バスは安い?
釜山と上海はどっちがいいと思う?

時刻表は持ってきたけれど、また「旅行代理店じゃねーよ~」
と言うほど、いろいろ聞かれ、電話をかけまくったダンナ、目が泳いでいました

Beanだよ。Beans!
「そうそう、バングラには、いろんなBeansがあるんだ」
アジアにはたくさんの その国の英語 がある(笑)

食事がすんだところで、同じアパート住んでいる、まだ会ったことがないバングラの友人を紹介したいと呼んだ
彼もフレンドリーで、まだ慣れない新婚の奥様はお医者さんとか
その方の部屋に行って、国の家族に送るビデオを撮ると、
先日一緒に来た別のお友達も来た
奥様はお風邪気味とか

そこでも、「食べてみてください」と
オリーブのアチャール、バルフィー、ココナッツのお菓子を出していただいた

帰り際、ダンナが楽しい休みと今からの日本の四季を楽しんでってと言うと、
後から一人で来た方が、
「日本には世界で一番のものがある。なんだと思う?」と

世界で一番ね~なんだろう・・・
「ここ。
こころ?」
え~別府以外知ってるの~?と言うと
東京も大阪も神戸も北九州も、どこの人もとっても良かった
オーストラリアや海外にも行った事があるようだった
世界では、今も毎日戦争があっったり、銃撃があったり・・・

「Stefyさんも、あまりしゃべらないけど、英語が上手だよ」
タハッ;;;;;;;;;;;

ありがと。頑張るね。

翌日マッサージに行くと、腰がパンパンですね、と。
お母さんがお料理を要してくれた間、旅行の話をしていた時、子供たちと遊んできたんだった(笑)
お父さんのPCの壁紙は、この写真だった

c0023323_7503162.jpg

携帯を入れて!と頂いたバングラ自慢のジュートのポシェット
[PR]
by stefy3 | 2010-02-18 07:53 | 近所の住人

小さなお客様

小さなお子さん連れの家族と、新婚さんと2家族のお客様が見えました

大人がゆっくりご飯を食べ、おしゃべりできるように、子供たちと遊んでいたら、帰った後、足がパンパン!でした(笑)
c0023323_7183618.jpg


「メールが来るたび、益々丁寧になるよ」とダンナが笑うのは、先日呼んでくださったバングラディッシュの家族
多分、私たちがアパートにお邪魔したのが初めての日本人家族なら、訪問するのも初めての日本人の家で、最後になるかもしれない・・・ダンナはいつもそんなことを言います

新婚さんのご主人には、初めてお会いしましたが、来る前、奥様から、野菜なら何でも大丈夫だけど、私たちは、食べるものに制限があって、日本食は楽しみだけど迷惑をおかけします・・・と言うような内容だった。

炊き込みご飯は、牛蒡、人参、油揚げ、蒟蒻で、日本のビリヤーニやプラウのようなご飯
ハラルのチキンで、お嬢ちゃんの大好きなから揚げ
さつま芋、南瓜の天麩羅、ハッシュドポテト
煮物は、蒟蒻や人参と竹輪、牛蒡天など
アップルシナモンケーキと苺のタルト
もちろん、アルコールはありません(残念なのは私だけ・笑)

ざっくばらんで、真摯で、とてもいい方々でした・・・質問が多いけど
おにぎりは手で食べていい?箸は使わない?蒟蒻、油揚げは何から出来てるか、ハッシュドポテトは、どうやって作る?ケーキも自分で作った?ホームベーカリーでパンはどうやって焼く?ホームベーカリーの箱の写真にあったケーキも作れる?えんどれす・・・・笑


ただ・・・

またホームベーカリーが欲しい って言うんだな~~(悩。。。

全国1位
[PR]
by stefy3 | 2010-01-15 07:41 | 近所の住人

新しい友達と バングラディッシュ人が作る日本食?

バングラディッシュウィークのステージがあった日、同じように先に会場に入っていた親子連れ
素敵なサリーを着ていました
声をかけて、メールアドレスを交換し、後日動画のアドレスを送ると、丁寧な返事

さらに、お家にご招待がきました

あの日は、沢山の家族連れがいて
c0023323_741542.jpg

正直、どの方が呼んで下さったのか分かりません(笑)

でも、行ってみました(笑)

ご主人は大学院生、あの日会ったのは、奥様とお子さん
ご主人は授業があってみえてなかったとか(笑)

ちびっ子が二人
おもちゃもなく、家具もベッドと少し

初めて会うわたしたちに気を使ったのか、キャベツの天麩羅とからあげの夕飯でした
何か手伝いましょうか?と言うと、
「No!No!No!・・・sorry・・・poor dinner・・・」そんな事を言ったような・・・
c0023323_7495277.jpg

揚げたてのから揚げ、私の天麩羅は大当たりの大辛(笑)、蒸しプリンも美味しかった

ご主人の本の中に挟んであった新聞紙を1枚もらって、子供たちと大騒ぎで遊んで来ました
c0023323_758649.jpg

名前は・・・
クィーンになったり、キングになったり、
プリンセスにはしてくれませんでした(笑)

バングラで 船は確かノーカ
教えてくれた小さな先生は、日本のランドセルを背負って、バングラで学校に行っているのでしょうか
お父さんは今、デンマークに行っているとクリスマスのグリーティングが届いた
[PR]
by stefy3 | 2009-12-19 07:58 | 近所の住人

Bangladesh WEEK Dec 4th, 2009

ご近所に イスラムの食材、ハラルフードやエスニックな食材ののお店ができて、バングラの学生さんともいっそう仲良くなった
はじめてのバングラディッシュウィーク
招待状が来たり、電話があったりで、お土産を持ってでかけてきました

初のステージは、お世辞にも上手とは言えないけれど、
バングラの学生の国への想いが色濃く、その意味では、慣れた国のものより、素朴でよかったです

夏休みに帰国した学生が、たくさんのバングラのモノを持って帰っての開催でした

バングラは男ばっかりなので、カラフルなサリーを着た各国の女子学生さんも協力
とてもじょうずでした



ファッションショー



バングラのサリーは、インドやスリランカとも少し違って、麻のようなハリのあるサリーや、少しくすんだ色合いとか、とりわけ、マリーゴールドカラーのサリーは素敵でした
赤いサリーは、前ヒダがとても綺麗にとられ、着せたのは学生さん?と思うくらい綺麗でした

大学院には、小さな子供連れのご家族もたくさんきていて、ちびっ子もステージに参加

c0023323_7592688.jpg


以前、サイクロンに見舞われ、チャリティーをした時とは、ちょっと違ったステージでした

折りしも、今期で満期となる学長が、ステージでそのスピーチも・
モンテカセム学長は、とてもフランクでいつも笑顔で、「●●さん!」と声をかけてくださり、出版パーティーでは、私と娘にも、「いつでも気軽に声をかけてください」と仰る方で、このスリランカのパーティーでは、一緒に手でスリランカ料理を食べ、我が家のキッチンで学生達と遅くまで話していました
[PR]
by stefy3 | 2009-12-07 08:15 | 近所の住人

ストレスと ラブレターと

天空祭も終わったある朝、バイトから帰った学生さんが
「あっ、今日から2~3日友達が帰って・・泊まっていいですか?」
いいよ~誰が?
「京都・・滋賀から・・」
春先にいた居候ちゃんね、はーい

数日後の夜、ケーキを焼いてもって行くと、もう帰ったと
あらっ、会いたかったわ!と言うと、
「早いけど・・帰りたかった・・」
えっ?急用かと思うと、【ここに帰りたかった】と言う事のよう

今年最初の寒波が来るので、冬支度やこたつの用意はできているか見て回った
「彼女は・・でも、何も言わないで帰ったよ・・」
何か、少し疲れたかな
「ストレス」
仕事が大変?
「仕事だったら・・人間関係」
「でもね、弟の学費もあるから、ベトナムには帰れない」
そう・・・そんなことだと思った
ここに突然来た後、みんな会社を辞めて国に帰っちゃってるんだよね~
でも彼女は帰れないんだ・・・
Tちゃんが卒業しても、またここに遊びに来るように言ってね
学園祭に出店で帰って来たスリランカの卒業生も、
うれし、恥ずかし・でも、先輩が車を止めている間に走って会いに来たと後で先輩が教えてくれた

「彼もストレスで・・今は手紙をたくさん書いてあげる」
彼??どこにいる?
「ニャチャンって知ってますか?」
ニャチャンくらい・・有名よ!Aが同じベトナム人なのに、騙された海岸でしょ?(笑)
「なんでも知ってるね!(笑)  軍隊は・・大変・・・」
そう・・12月にベトナムに帰ったら、いっぱい会いに行って話したらいい
チャットもスカイプもある時代なのに ラブレター・・・
日本人が忘れているものを持っている
若いのに、大家族で育ったせいか、バイトから帰って寒いのに、
デイサービスのお迎えを待つ叔母に向き合って話して一緒に待ってくれたりする
私たちととおしゃべりするより、ラブレターの続きを書いたら?とからかう(笑)


最近、バングラのお店ができたおかげで、バングラの学生さんとたくさん知り合った
二十歳を過ぎての大学1年生は、以前はIT関係の仕事や勉強をしていたとか、テキスタイルの勉強をしていたとか、医学部に行きたかったんだけどとか、さまざま
もう少しでバングラディッシュウィークがあるので、ある時来た3年生になる学生さんにビデオを撮りたいから、席を取ってもらえないかと話すと、
何度も何度も大学に来たら、列に並ばず、まっすぐホールの入り口に来て、僕の携帯を鳴らすようにと念押しして帰った
オーストラリアにいるアザド一家、バングラに帰ったメジバ、ラディア、ナディア、ファルファナ・・・みんな喜ぶよ

「バングラも・・・いい子が多いね」とダンナ
いえ、知り合った子はね(笑)
インドともスリランカとも、ベトナムとも違う、貧しい国の一生懸命さでしょうかね
c0023323_2303637.jpg

[PR]
by stefy3 | 2009-11-05 02:37 | レトロなアパート

今年一番の寒さ!で、素足?

Tシャツ1枚から、いきなり さっぶ~~い!

靴下は2枚重ね、ヒー○テックの下着、外に出る時は4枚来てマフラーに手袋


そんな日にやってきたバングラディッシュのご夫婦
ご主人は 素足じゃん!!
c0023323_7545778.jpg


うぅぅ~~~見てる方が寒い。。。

ちなみに、奥様はイスラムのスカーフ で

ご主人は、いかにもバングラの綿のマフラー?でほっかぶりで帰った(笑)
[PR]
by stefy3 | 2008-11-20 07:59 | 近所の住人

メッカのデーツ

涙の別れになるかと思ったら・・・

c0023323_759093.jpg


以前脳出血で入院し、その後回復して、一度バングラに帰った奥様が、帰る途中香港で具合が悪くなり、3日ほど入院したと聞いていたので、先に下の階に住む、、ご主人に教えられた部屋のベルを押した
なんとお別れに行こうとした方の奥様が出てきた

もう荷物は詰め込んで、出発の準備は済んでここに居た
なーんだ、用事はいっぺんに済みそう(笑)

子ども達と遊んでいると、ご主人がチャットに来た
そっちは、春?夏?
「夏だけど、暑かったり、寒かったり・・・
今度はアパートじゃなくて、ハウス!家!5つ部屋があるから、遊びに来て!」
家!?すごいなぁ~~!
「見せてあげる!」と画像も送ってくれた
「ベットは3つしかないけど・・・」
大丈夫!私は日本人だから、床にお布団を敷いて・・・爆!

奥様との話も・
「もうすぐ、イスラムで2番目のお祭りが来る
この前はなした、カウを・・・家が肉!肉!肉!になる日!」
それって、この前良く分からなかったんだけど、
一人1頭って・・・良く聞くと、1家族1頭らしかった(笑)
「いっぱい食べて・・・美味しい!」とまた笑う

ダッカでもそうなの?
「そう!」とまた笑う

みんなで笑いころげていたら、チビちゃんが椅子を倒して・・・
素足の甲を直撃した!痛いけど、おかしい
倒した椅子を叩いて、2歳の彼女の言葉で、ずっとずっと歌ってくれた

「卒業して、オファーがあったら、またもどって来るね!」
でも、子どもは英語で育てたいでしょ?
ここにその環境がないから、
子どもが幼稚園に入る時、小学校に入学の時、
帰るか、他の国に行くの

バングラ風のお茶とメッカのデーツを出してくれた
誰かが巡礼に行ったお土産なのか
無宗教の私には、ただ美味しく、珍しいデーツ
ふつうのオバサンなのに、貴重な経験もさせてもらった

またね
Rさんは、いつでも遊びに来てね
玄関まで上の子も見送りに出てくれた
「お母さん、お兄ちゃん大人になったね」と娘が言う

部屋を出た後、足がズンズン痛んだ
忘れないよ

c0023323_7594566.jpg

[PR]
by stefy3 | 2008-10-28 08:01 | 近所の住人