通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

タグ:インド ( 38 ) タグの人気記事

避難

大地震と津波から1週間

一日は果てしなく長く感じられるけれど、あっという間の1週間

でも、ここは別世界のようにいつもの毎日があります
スーパーで東京から子供をつれて帰った知り合いにもあった
別の国のようだと


それでも、火曜の朝ベトナムの学生さんが一人帰り、
今朝は、秋に卒業するマレーシアの学生さんが一人、引き払って帰ります
日本に帰ってくる子もいるし、
もうすぐ大学も始まるからと帰らない子も
でも親御さんは同じように心配しているのでしょう
時折、アパートでは大きな声で国の親御さんと話しているような声が聞こえる


ダンナには各国に散らばる卒業生からお見舞いのメールが毎日届く中、
インドから再三メールと、電話まで来て、
「今、弟をそちらに向かわせています・・・」と・・・
なんで?東京から新幹線、大阪からフェリーで来るなら、大阪から帰ればいいじゃん??
インドのお母さんが、気が狂わんばかりなんだよ!
とブツブツ言いながら、ダンナは早起きして迎えに行きました
卒業以来、5年ぶりでしょうか
丁度修学旅行で留守の娘の部屋にベッドを用意し
入管で再入国の手続きをし
(東京は避難所のようにごった返してとれなかったそうです)
翌日は大学の卒業式があったので出かけて友人達に会い、
今日の昼、チケットが取れたとインドの兄ちゃんから連絡があったので、
ご飯を食べて、神戸の友人の所に向かい翌日関空から帰ります

隣は小山から避難してきたカナダの子
この時はカナダはまだ国外避難命令が出てないとか 
この子は1期生らしく、覚えがあるようなないようななんだけど・・
ついでにチキンカレーとダルを食べる?

c0023323_7152429.jpg

デリーの兄ちゃんからは、
放射能が本当に心配だった
ボクが日本に来て最初の大変な時助けてくれたから
私の家に向かわせたと丁寧なお礼のメールが届いた

帰ってしまうと、また福島の実家が気になりだした
娘は、ただいまより先に「福島の婆ちゃんは?」といい、
ホームステイしたお家から、日本は食糧がないからと、ビスケットをいっぱいもらってきた

はやく日常が戻りますように
[PR]
by stefy3 | 2011-03-19 07:35 | 田舎の風景

久ひぶりにインドご飯を作りました

結婚して4年になる奥様と
2歳になる娘さんをつれて行くので会いたいと
卒業生から連絡があって、
ダンナがご飯を一緒に食べましょうと返事をすると
奥様はベジタリアンだけど大丈夫ですか?と帰って来た

c0023323_7222091.jpg


「そんなことだと思ってましたよ~」と返事をした(笑)
縁のあったダンナの同級生ご夫婦もお呼びして
賑やかな再会だった

ムングダルと大豆のカレー(ジーラ)
アル・ゴビはマスタードシード
大好物のバターチキン
  ベジタリアンの女性は肉にも触らないので、家ではなかなか食べられないだろうと思って(笑)
黒豆とジーラのバスマティ
胡瓜のライタ
グリーンサラダ
レアチーズケーキ
苺のタルト
 写真はすっかり忘れてしまった!
インド料理の写真を探したら、 こんなずっと前に作ったきりだった^^;


c0023323_729356.jpg


メールの返事にも書いてあったが、
奥様と娘さんに
大都市で体験できない日本の良さを感じてほしいと来たとか
彼は1期生だったので、すごく大変だった分、思い出もたくさん
思い出すと涙がでる位彼も楽しみに帰って来た

奥様は初めての日本の冬の寒さにレイノー病とかで
爪が真っ黒になっていた 
痛くて夜中に目が覚める
日本語は話せないけど、分かる
日本人の友達もたくさんいる、いる、と彼は言ったけれど
「あの、白いプリンの名前は?なんていうの?」とそっと聞いた


四月から住む東京は、浜松より、名古屋より寒いけれど
インド人はたくさん住んでいて、きっとインドコミュニティーもあるはず

思ったよりずっとずっと可愛かった彼の娘さんがやっと慣れた頃
別れの時間となってしまった

c0023323_7394547.jpg

[PR]
by stefy3 | 2011-03-07 07:45 | 近所の住人

嬉しいこと

レトロなアパートは、残っていた中国の学生さんも
「東京に就活に!」と出かけ、初めて誰もいない
ダンナは、ここぞと、何度言ってもこっそり土足で歩く! 廊下に塗料を塗った(笑)

留学生やその家族とすこし浅からぬお付き合いは、正直とても大変な事もある
いや、そんな事の方が多い 
でも、それを忘れさせるほどの嬉しい事もある

最近、地元で英会話を教える事にしたというイランの卒業生
HPを作りたいというので、ダンナは、ビデオの編集、私はとりあえずブログの作り方を教えた
「今週は、8人も新しい生徒さんが入りました!」とメールをくれた
頑張って彼女より高給取りになって、堂々と迎えに行かなくっちゃね


先日は、ドバイに住む日本人と東京で仕事をするインド人カップルが突然訪ねて来てくれた
c0023323_927497.jpg

客室乗務員の彼女が少し疲れたのと、自分も日本の銀行に勤め、
リスクを負わずインド進出したい企業(ありえん!笑)
との間でストレスが溜まっていたのだろう
「一番にここに来たいって言うんですよ!」
彼女の一言がすべてを流すように嬉しかった
実は学生時代、インドと日本の違いで叱ったことがあった彼だった
今は「インドに帰るとムカつく」そうだ
最初は騙されないように、目つきが鋭くイライラし、「別人でしたよ~!」と彼女
そして、しばらくすると、自分もインド人と同じにしなければ・・・
東京のようにおとなしく並んでいたら「一生手に入らない」そうだ
そんな自分がイヤなのだろう

一方彼女も、
「一番イヤなのはインド人!インド線は、疲れる」とインド人の彼に鬱憤を晴らすのもおもしろい
多国籍のスタッフの中で、日本人はつい調整役になって、そこでも疲れるのだろう
「いろいろあるんですよー!」

学生時代、アパートの学生さんが
「どんな御家に育ったの?」と言うお嬢様で
「いっつも外国の子と歩いてますよ!」と苦もなく育った風だったのに


数日後の夜、ネパールの学生さんが、就職の内定を貰ったと寄ってくれた
c0023323_9283573.jpg

前のセメスター、ネパリは全員就職がなくて帰国した
彼も、大学院に残ろうかと、夏に秋祭りの屋台を頼みに行った時言っていた
決まったら報告してね・・・その約束
聞くと、ドバイの航空会社と地元もIT企業と言うので、
急いで、そこに務めるスリランカの卒業生に電話をした
スリランカ人も学生時代叱ったことがある数少ない学生(笑)
もう、そんなお付き合いをする学生もいなくなっるよ・・
ドバイの航空会社に勤める彼女も、まだ日本にいるかもしれないと電話をした
IT企業はシンガポールに研修に出される
そこは3日には返事をしなければならないと言う

あーこんだけしてやったんだから、卒業前にネパールのカレーも食べたいな~!(笑)
「いいですね!」
近所に住むネパールの学生さんも一緒でいいよ!
どこに行っても、日本人は私たちだけだから慣れてるの。心配しないで(笑)

秋に入った日本人の奥様とのカップルのネパール人
アパートを探すお手伝いをして、引越しもしてあげたんだけど、彼は知らなかった

c0023323_7522921.jpg

その時頂いたネパールのお茶
箱は木の箱だった

[PR]
by stefy3 | 2010-03-02 07:55 | 近所の住人

その名にちなんで

ダンナが映画を見ていた
台所仕事をしながら、聞いていた
・・・インドのお見合いのシーンだった

終わってみてみると映画 その名にちなんで(The Namesake)だった
インド人にしては、とてもカッコイイとは言えない男優と
いかにもインド美人の女優は、インドなまりが強い英語で
アメリカ生まれの息子は、アメリカ英語
息子の名前を巡っての家族の物語を
インドへの限りない愛情を外から撮ったその映像は、
モンスーンウエディングを撮った Mira Nairだとすぐわかった
お母さん役のTabuは、とてもよかった
アシマが渡米した時代が、私がこの町に来た頃と同じで
彼女の変わっていく姿、成長が、なんとも言えなかった


インドでは、いえ、世界中でどこでもそうだろうと思うけど、
子どもの名前には、意味がある
日本でも、美しく育つように美の文字、
悠々と、勇敢に・・・と、人気のユウ君
映画の中でも、お母さんの名前には、
その運命を思わせる意味があると言うシーンがあった
女の子なら、深い河とか、エメラルドとか、神様の名前ラクシュミとか、
こんな感じで、 男の子なら、雫とか蕾とか、他にこんな意味 

少し前、卒業生が初めての娘に付けた名前は、愛 と言う意味ですと
可愛い写真と共に送ってくれた

そう言えば、大学時代、インド洋大津波の被災者の募金活動を始める時も、
愛 の名前を付けたやつだったな~(笑)
[PR]
by stefy3 | 2009-04-09 07:46 | 田舎の風景

Big hug from Miss Hanoi

昨年、お婆ちゃんが亡くなった時、ベトナムにいなかったからと
休みもそろそろ終わりの時期に帰った学生さんから
こーんなメールが届きました(笑)

友達に鍵を渡してこなかったから、閉めといてっ!って(爆)

帰る時も、
「タクシーの電話番号!忘れた!」って
ダンナがかけて・・・(笑)

今頃、ベトナムのご馳走食べてるかな?

c0023323_801329.jpg


居候ちゃんも、弟が帰って来たから、そっちに行って
それから就職先の滋賀に行くまで・・・
荷物おっきいから廊下に置いといていい?とか(笑)

居候ちゃんも、いつからいたのか、
差し入れのバナナケーキに、やっぱり言わなくっちゃ!と
ベトナム人の中でなったようでした(笑)

c0023323_84033.jpg


バナナケーキには、不思議なパワーがあって、
焼くと、誰かしらやって来て、何か頂いたりして
帰りに持っていただくようなことになる

この日は、友人からお野菜と、
インドの学生さんが最後の日だからと
卒業生から預かったインドのお土産なんかを持ってきてくれた

豊橋まで持っていくように言ったけど・・・
夜行バスの中で食べちゃっただろうな(笑)

もちろんBig hugでわかれた
[PR]
by stefy3 | 2009-03-23 08:11 | レトロなアパート

牛の○○から紙

「お土産、忘れちゃった!」
少し前、インドから帰った学生さんがそう言うので取りに行って来ました(笑)

c0023323_747226.jpg


「これね、cowの・・・でも臭くないよ」と鼻先に

ふ~~ん、と私も鼻先でクンクン

「牛の・・・模様はラジャスタンの伝統的な・・・」

牛の糞?!ウンチ!!

そういえば、スリランカの象さんのウンチからの紙もあるね~

バイトで忙しいと言うから取りに来たのに、なんだかゆっくりしてる
毎日バイトしてたら、結構バイト代あるね、と言うと、
結構休んじゃってる
でも、それだけあったら、寮費と生活費、まかなえるね、っと言うと

えーーっ!コレは遊ぶお金!
こっちが えーーっ!だよ(笑)
いとこが来ていたので、入学式もダンナと行った彼女
卒業判定は・・・まだだとか(笑)

[PR]
by stefy3 | 2009-02-26 07:57 | 近所の住人

そんなことなら・・・

先日無事シンガポールに着いた荷物
最初は、sal便で送ろうと思ったら、三千円!もかかると言われ、
おかしいわ~
前の日貰ったプリントではもっと安かったのにぃ~とごねると
窓口の新人さんは小型小包とかで1800円で受け取ってくれた

海外に最初に荷物を送った時、
相手の人からちょっとしたコツがあって
1キロまで送料が同じにかかるんだったら、
1キロまでない重さの分が惜しい・・・と
それからは、1つずつ重さを計り、軽い箱を準備し、
計りながら、最終的に かぎりなく999gに近くして送る(笑)
シンガポール便は中身が心配なので、
超軽いんだけど、箱と中身が同じ重さになってしまった(爆)
ほとんど壊れないように包んだエアーパック?ってやつ

そんなに慎重に梱包したのに、
夕方知り合いから「ちょっと大きさが・」と電話があって
ボクがやってよかったら、箱をちょっと小さく・・・
たって、軽いけど、兜のツノ?みたいなのが長いんだわ~~(T T)
手が空いた時に行くと入れ違いで局長さんが持ってきてくれて
EMSにしてもあと600円だかの追加だからと木曜の夕方の事

土曜には着いたとメールがあって、
高かったんじゃなーい~~?
これ、どうする??チビちゃんにかぶせる??と(爆!)

それは・・・近所中古屋さんに行ったら、たまたまあって
まだまだ新しくって、兜の房はまだビニールで包んであって
買ったら10万位するんですよね~とか言われて
「で、いくら?」って聞いたら、いくらでもいいッスよ~って言うんで
1週間考えて、こりゃ~私一人では出来んな~と
ダンナに話して、見に行く時に、いくら位かな?っという話になって
私は大体こんなもんと思う所はあったのだけれど
「Aちゃんの洗濯機と一緒で1500円からかな?」と強気に出たら
(Aちゃんは、さらにボーリングで勝ってgetした^^; と聞いた)
ダンナが、2000円でいいですか?と ^^;
そうは言えないからメールには
「私は買い物が上手だから心配しないで~」って 
^^;;;;;;;;;;;;;;;

で、持ち帰って、ガラスケースから1個ずつ慎重に外して、
兜と刀と何かをエアーパックでぐるぐる巻きにして
頑丈そうなダンボールに入れて送ったのよ~
ガラスはゴミ袋何枚も重ねて割って捨てたんだけど
駐車場はいつまでもキラキラお掃除が大変だったわ~^^;
5月5日の初節句にクリスマスツリーのように飾ってね~

すると、あ~そうだったの~
それなら別府の思い出になるから、
ガラスケースをオーダーするわ~~って
えーーーっ!そんなことなら、ケースごと送ったのに~!
って、ガラスは難しいよね~
大体1m位のでっかいケースだったし・・・

こんなお付き合いの出来る方はとっても稀で、
私にメールが来る時は、必ずダンナにも来ているし、
大体最初から彼女とは同じ立ち位置で、
それは少し年長だったせいもある
最初に住んでいた古い安いアパートが
台風で雨漏りがしだしたと近所に越してきた
我が家で一緒にご飯を食べた事もあるし
食事に呼ばれて行ったら彼の誕生日だったことも
バスでバイトに通うのは時間がもったいないので
頂き物のバイク、免許をとったらあげると言ったら本当に取った彼
宇佐までの英語の先生のバイトが、ある日、車の免許を取って
車で行かなきゃならなくなったの~と頑張った彼女
中学からの同級生で
彼女が一足先に日本に来る前に
婚約式をしたと写真も見せてくれた
結婚式は料理の調達とケーキをお世話させてもらった
ホストファミリーとも今でもちゃんとお付き合いが続き
唯一私をStefyと呼び捨てにする(笑)
おかしな事に留学生は日本語で話す時は
同じ国の子でも-sanが付いて、英語や母国語だと呼び捨てなのだ
しかも、ダンナ同士は、gout brothersで、
さらに喘息になった時に、お前も子どもの顔が見たいだろ~
とタバコを止めさせた

日本で就職は年齢的に難しく
シンガポールで大好きな専門の建築関係の日系企業に就職し、
一度はタイに就職した彼女が遅れてシンガポールに入ったのは
いつだったか
大学の職員で残ったトンガの青年が
お腹が大きくなった彼女も綺麗だったよ!
と帰国する途中で会った話をしてくれた
私たちも楽しみに待っていた

懐かしい結婚式の写真や沢山の知り合いの助けを貰って作ったウエディングケーキの写真 アメリカのojou-chanにはマーサスチュワートのウエディングケーキのビデオ、神奈川のアツさんからここでは手に入らない材料とアドバイス、さらにシュガークラフトを長年習ってるtamaちゃんには、日本での膨大な資料を頂いた


先週新婚旅行で寄ってくれたインドの卒業生からも
初めて!丁寧な丁寧なお礼のメールが来た(爆!)
ウルウルするけれど、私も彼も照れ屋なので
このメールは宝物にするわ~!
書いてあった事、忘れないでね~!
必ずいつか行くから、もっとrichになっててね~!
それまでパパとママも元気でいて!
と返事をした
彼とは今、同じ立ち位置に立ったのかもしれない
[PR]
by stefy3 | 2008-04-25 06:51 | 近所の住人

久々のインド料理

近年経済発展の著しいインド
ワンラックカー(10万ルピー・28~9万円)ナノを発表したTATA
財閥は東証にも上場する計画
先日も、インドのモーターショーに仕事で来ているとメールがあった

そんなインドだが、学生さんは家族想いで
「ボクは長男だから」とか
「ボクは一人っ子だから」と
いずれインドに帰りたい

その朝突然卒業生がやってきた
・・・学生時代から、いつも突然で、メールの返事もないヤツだったよ。。
思わず、ハグしちゃったけど、えらい迷惑そうだった。。。

今から大学に行って、夜一緒にご飯を食べようとなった
「あっ、彼女はボクが日本に来た時と一緒で
ベジタリアン!」・・・あちゃ~~
ヤツの好物はチキンカレーだった

頑張るかね~

c0023323_7342738.jpg枝豆と胡麻のお煎餅


c0023323_7351436.jpg

胡瓜のライタは海士町のハイビスカス塩とクミン
お土産のブラックソルト、実はピンクの塩で一度どこかで食べたコトがあって、とっても欲しかった♪

c0023323_7392791.jpg
・・・メインのカレー、今回も写真撮り忘れて残り物デス・・・

カリフラワーのカレー
ジャガイモのカレーはマスタードシード
大人用チキンカレー
他に、娘用の甘口ベジタブルチキンカレー

デザートに苺・・・丁度食べたいから買って欲しいと言ったとか
前日の残りの苺のフラン


いいんですけどね・・・
美味しいとか、まずいとか、何事もなく、まるでココがインドの家のように食べて帰りました。。。(爆!)

彼は自動車関連の会社を辞めてインドに帰り
日本の通販大手のインド事務所を立ち上げ
今はそこの所長で、今度のカタログにも自分が買い付けた商品がのっていると

感激屋の彼は、
また来る!必ず来る!
今度は妹と妹の御主人を連れてくると
可愛い美人の奥さん
二人の並ぶ姿を、
インドのママが目を細めて微笑む顔が浮かびます
なんと、インドでは新婚でも、最初から同居が普通ですって!!エライわね~

あ~いつでも、何の前触れもなしに来ていいのは、家だけだからねー!(笑)
[PR]
by stefy3 | 2008-04-12 07:57 | 近所の住人

チャリティーと霧の街

久々に訪ねたそこは
まるでおとぎ話か童話の世界のような霧に包まれていた
c0023323_2414961.jpg

・・・と言う奇麗事じゃなくて、着くまでは
「うわぁ~~!道がなーいぃぃ~~!」と心で叫んで
「大丈夫よ~お母さんの車、この道のために、フォグライトつけたんだからぁ~~」と(笑)

「誰かが数年後に町になると言った。ホント?」と聞いたのは、
2期か3期のインドの学生さん
今、ここには何千人もの学生が住んでいるよ


さて、前夜に電話で昨年大型サイクロンに見舞われたバングラディッシュのチャリティーがあるから行かないか?と誘ってくれたのは、以前もIFTARに誘ってくれたバングラディッシュの院生
ダンナが行くと言うと、
「wifeも乗せてって」と(笑)
ダンナは仕事でこれなかったけど、知り合いも行くと言うので私と娘で見に行きました・・・奥様もキャンセルだった(笑)

なかなか始まらない様子に誘ってくれた方も
「ボクも、良く知らなくて・・・」と
じゃあさ、あそこに行きたいんだけど、連れてってと言うと、
「たぶん、ダメよ~」と
誰かいないかな~と探すと
「Steffyさん!」と アパートの日本人学生Hちゃん
「おーーっ♪あそこに行きたいんだけど、誰か知り合いいる?」
「えー・・・いなーい」
誰かいないなか~とドアを覗いて物欲しそうにいると
「Okaasan!オカーサン!」とスリランカの学生さんが
「楽屋に入っていい?」「いい♪いい♪」
で・・・あとからあとから皆さん入ってくれて ハイちーず♪
c0023323_257187.jpg

バングラディッシュのちびっ子も応援に来てました
c0023323_305420.jpg

チャリティーショーは急に準備したのと、天候とか試験中とかで、なかなか人も集まらない様子でしたが、ステージは若い熱気で溢れてました




久ーーしぶりに行った大学で、この日のプログラムを尋ねた方は、インドからの一年生でとっても綺麗で、いい方でした。インドの学生自体が減っている中、女性も来ていると知って嬉しかったです

終わって知り合いに声をかけると、この前行ったインドの結婚式の写真を持ってきてくれていました。
インド風の蘭の花に囲まれた二人の写真はそれはそれは綺麗で・・・
18キロも痩せて、結婚式の前に、
「私って分からないかもよ!」とメールをくれたAちゃんは、ピンクのドレスもとっても似合って・・・
次にお母さんの写真で、つい涙がこぼれました
友人が追い討ちをかけて
3日3晩続いた結婚式の後、いよいよお別れの時、今から嫁いでいく妹の手首に二人の兄が紐を結びます。これは本当の兄弟ではなく、もう他人になってしまったけれど兄弟の契りを結んだ証。夏の暑い頃のお祭りでしたのを聞いたことがあります。何かあったらいつでも一生あなたを守るとの約束。
そして去っていく車を追いすがるお母さん
お母さんが選びに選んだ相手ですが
涙が・・・・水道をひねったように流れます
ハネムーンから今帰ったって電話くれて・・・
翌日お母さんも電話くれて・・・楽しい話ばかりで、そんな事は一言も言わなかった
「病気の時に来てくれたって、何回も何回も言ってましたよ」
Aちゃんより兄ちゃんの方が、私も彼女も思い入れがあってね
来月の結婚式、行きたいね~行ったら泣くね~行けないね~

ポケットから出したハンカチに・・・
「あーーっ!アタシの大事なハンカチっ!!」と娘
片付けるバングラディッシュの学生に追い出されるように出て
娘には
「ハンカチがババー臭くなるから、(泣くのを)やめっ!」っと言われ・・・(笑)

帰ってダンナに、Aちゃん18キロも痩せて綺麗でしたよと言うと
「大丈夫。半年で戻るよ」と(笑)
[PR]
by stefy3 | 2008-01-24 03:41 | 近所の住人

商店街の秋祭りの話し合いが終わって、
先に出た近所の商店の奥様を追いかけ、
バイクで帰る学生さんを捕まえた

私なんかが出る場所ではないが
「女はわたしひとりなんや、来てな」
っと言う近所の商店の奥様の言葉と
学生さんが提案した
留学生の夢の話(スピーチ)のその後が知りたかった
話し合いの席では一度も出なかったので、聞きたかった


アパートのAちゃんが帰って来たところに出会って
あの彼は来るのかな?
アレ、いいな~やりたいな~
なんやったら、オバチャンも夜中に近所の留学生のアパート回って
お願いするけど?っと笑った


「やりますよ!」っと力強い返事
数年前、インドの学生さんが踊りを披露した後、
私はこの町に住んでいて、ここが大好きと言ってくれた
c0023323_730575.jpg

あの時、
近所のオイサンも、オバサンも、
ジーちゃんも、バーちゃんも、感激した
片言の日本語でもいいから、ここに住んでいる留学生の
日本に来た将来の「夢」の話を聞きたいなぁ


そんな話をしていると、ダンナの大きな声がした
道を挟んで向こう側で車の修理をしていたのは、
卒業式が終わってうちに寄ってくれると言っていた学生さん
どうも車の調子が悪くて、
その日のうちに福岡の弟さんのアパートに戻るはずが
前に住んでいたモト旅館のアパートで、
一晩泊まることになったらしい

会えないと思っていたのに、思いがけず御両親と弟さんに会えて
あんな話、  こんな話  いろいろ思い出して 少し話した
事故のことは数日前に両親に話したと言っていた


10月から東京で働く彼の卒業写真は夢がかなって真紅のガウンで笑っていた
c0023323_7351099.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-09-16 07:38 | 近所の住人