通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アミール一家

少し前に、隣町で英会話塾を始め、最近は地元ラジオ などにも出演している、イランのイケメンアミール君 のご両親が来日していて、お会いしたいわ!と言って頂いていたので、ようやく少し落ち着いてきたので、一緒にご飯を食べました
c0023323_7282013.jpg


もうすでに退職した年齢とは言え、お父さんはかっこいいし、お母さんは、小粒でピリッっとといった素敵なマダムで、お話も楽しく、華やかで、よく笑い、美味しいとたくさん食べていただきました

お正月のお菓子にバクラバがあるんですが、買うの?作るの?とお聞きすると、
「作らない人は買うけど、作るのよ!
日本に来たら、お米の粉売ってたんだけど、そういうのも作るの!買うと、お姑さんが【機械のニオイがするわね】って。お米をお水に漬けておいて、水を切ってグラインダーにかけて、ふるって、最後にオーガンジーを通すの!」ひぇ~~!
「普通の家のお嫁さんは、実家の味になっちゃうけど、日本から来た嫁はイランの味を知らないから、お姑さんも我が家の味を覚えてもらおうと、一生懸命で・・」と笑います

「戦争の時はね、日本に電話して、母から聞いて、子供たちに防空頭巾も作ったの!」
息子が生まれてすぐに、イランイラク戦争 がはじまって、物資が何もかもなくなったそうです
「で、ティッシュがなくて、お母さんの洋服を切って、ハンカチ代わりにポケットにいれてたんだな・・」と直にその話を聞いてウルウルするダンナ

「赤いライトが点くと空爆が始まるから、地下室に逃げるんだけど、子供たちには【さっ、自転車の練習をしましょ!】って言うと、子供たちは手すりを滑り台のように喜んで下りていったの」
「夜は壁際で主人が座って起きているの。家族を守るぞ!ってかんじで。寝て頂戴~!って言うんだけど」と笑います。
戦争の話は、インドのマニプール大学の学長をしていた学生さんのお父さんや、ベトナムのお母さんからも聞いたことがあります。私の両親も戦争には行ってない世代なので、とても有意義な話でした

「高校生位から、私の結婚相手は、地球のどこかにいるわ!って言ってたの。インドよりいいかな~って思ってイランに行ったんだけどアメリカからイランだったからね~」と高らかに笑います
日本を出て行こう、海外で生きていこう、と言う女性共通の強さと大らかさに、戦争を乗り越え、家族を養ったたくましさがあります

「でも子供たちにお金の話をしなかったのがちょっとね。ミルクを買いに行かせればよかったわ」
私は、アミールと妹さんの裏表のなく、屈託なく素直に育ったところが大好きですよ
どんなご両親に育てられたのか、お会いできてとても嬉しかったですと伝えました

料理は
全然辛くない同期のムクルのバターチキン、小芋と牛肉、蒟蒻の甘辛炒め、授産施設の朝一で買って来た野芹ときのこのオリーブオイル炒め、サラダ、チョコレートチーズケーキ、頂き物の苺のショートケーキ
前日から炊いていた大根と手羽先・・・おしゃべりに夢中で忘れました(笑)
c0023323_7154745.jpg

       娘、おばちゃんの声だけ下の部屋に聞こえたわ~(汗;;;) 

もう少ししたら韓国に嫁いだ美人の妹さんも来て、久しぶりに一家揃うそうです
[PR]
by stefy3 | 2010-03-31 07:32 | 近所の住人

帰国と新人さん

中国語らしいお土産がありました
c0023323_7222781.jpg

マレーシアの学生さんが帰って来たようです
2月半ばだったか、
部屋に置いてきちゃった書類のナンバーを送って欲しいんだけど・・
ダンナと私の両方に来ていて、急いで部屋に行って
書類のナンバーと写真も送ってやると
これこれ!と間にあったお礼でしょうか、今回はいっぱいです(笑)

布団乾燥機をもって、開いていた窓から声をかけると
洗濯物を干しに出てきたベトナムの学生さんが、
「もう出て行ったけど、Tさんも帰ってます」

卒業して帰った部屋の後に入ったのも、同じ名前のベトナムの学生さん(笑)
ダンボールに囲まれて、ベッドの上ですでにPCをしていました
「昨日?夜12時位に来ました」
布団乾燥機の使い方を説明して、1時間位セットしてきました

都会ではシェアハウスが流行っていて、運営会社の女性が
みなさんうまくやっていけるかは、私の人選にかかっていることもありますから、とか
彼女は、こんな人が来たんだけど、と他のベトナムの学生さんに話して、
「大丈夫だと思います!」となった学生さん

仲良くやってね
c0023323_733462.jpg


バタバタと季節の変わり目がやって来て、スリランカの学生さんや、近所の新聞記者君もお別れの挨拶に来てくれた
[PR]
by stefy3 | 2010-03-29 07:35 | レトロなアパート

made in Japan の鍋が欲しいんだけど・

バングラに奥様と子供だけもうすぐ帰ると言うご主人からメールが来た
steffy san wanted to help my family to guide where we can buy some big Utensils (nabe) and some cosmetics
「オレの車で行ったら?みんな行くなら」
え~~ワタシかい?!(爆)

そう言いながらも連絡すると、奥様と下の子だけと言うので、さっそくその晩行った

まだお料理中で、待ってると、私の晩御飯でした
c0023323_721078.jpg

バングラの朝ご飯に食べるパラタ(インドのとは違って、プレーンを油で揚げたもの) バーミセリのキールのようなスウィーツ、他にグリーンチリ入り玉子焼き(劇辛)

食べてたら遅くなるので、何度もすすめるのを帰ってからと言って奥様と二人で出かけた
日本語は二言三言、英語も少しというバングラの奥様と、私のテキトー英語で
しかも、買い物に夢中で多分オバチャン特有の大きな声(←娘によく恥ずかしいと注意される・爆)

最初に子供のモノ
カワイイ!を二人で連発して、10枚位の激安子供服をこれは?こっちの方が!と選び、
車のおもちゃは少し高いので、ご主人に電話して購入
悩みに悩んだのは、ほとんどが甥っ子、姪っ子、親戚の子供たちへのお土産
レジのお姉さんにそう言うと、
「へぇ~どこに帰るんですか?可愛くて安くて、いいお土産ですよね!」と
全部で5千円を少し超えた
・・・ここですでに予定の1時間をオーバー(笑)
何度も、迷惑をかけるとか、遅くなるとか言ってくれるけど、いいから次も行きましょ!と

次にまた悩んで悩んで買ったのは、化粧品とシャンプー、ベビーパウダー、カットクロス、シュシュ
「ワタシの髪にはどれがいいと思う?」
と言われても、彼女はイスラムで、スカーフで髪は見えないんだけど(笑)
もちろん美白の化粧水も買った
やっと終わって、レジに行くと少しオーバーしたようで、ここでも悩んで、かごから出したり、入れたり
私もこうゆう買い物に少しは慣れたけど、
レジの人もすっかり慣れていた風で、
どこもでもかごに入れたり出したりする彼女を待っていてくれた
東京にも行ってきたけど、何でも高かったとか

結局3時間位かかって帰ると、上の娘さんがみえない
寝ちゃったの?とご主人に聞くと
「隣の友人に毎晩勉強を教えてもらってるんだ。
帰ったら英語の勉強が始まるからね」
またいつか海外に勉強に行く事はあるの?と聞くと
「今度で最後」と
奥様は車の中で、私たちが唯一仲良くなった日本人だと言った
「ホストファミリーは隣町の人で、私は会ってないし」

いつかお子さん達もまた日本に来るかもしれないから、帰っても連絡してね、と伝えると
バングラの我が家にも来てね!いつ来る?と
そうだね、バングラもいつか行かなくっちゃ

結局鍋までたどり着けなかったけれど、バングラで中国製を買うと、とても品質が悪く何度か懲りているので、日本製の鍋を買いたいらしい
安い日本製の鍋は、ほとんど見ないんだけど、日本で売っている中国製の鍋でも、何度も検査して売ってるから、大丈夫だと思うんだけど・・・と伝わっただろうか

そうそう、リキシャが本当に着たんだよ~!とPCを借りて三井さんのたびそらを見せてあげた
「えーー!バングラから持ってきた?どうやってここに来た?彼は何をしてる?・・・」と嬉しそうだった
[PR]
by stefy3 | 2010-03-26 07:46 | 近所の住人

真夜中の発声練習

ベトナムに帰る朝は早い
鉄輪5時40分位だから、予約したタクシーは5時過ぎに来る
ちょうど娘の弁当を作っている時間なので、前夜に顔を見に行った

卒論を出して、アパートを引き払って
部屋は綺麗にして帰ったけれど
日本で就職は決まっていたから、廊下、共同のトイレ、隣の友人の部屋に
荷物はたくさんあった(笑)

卒業式に帰って来た・・・隣の友人の部屋に(笑)

気が利いていて、人懐っこかった
母屋に住む叔母達にもベトナムのお菓子をくれたり
気軽に声をかけたり、挨拶はもちろんだった
「家賃はいくら?」
・・・Aちゃんの時と一緒でいいよ!予定より長くなっても!(笑)
2週間は3週間いただろうか
よく働くお嬢さんだった
ホテルの朝食は、なかなかかからないスクーターのエンジン音が5時50分
その前は、アミューズメントパークの着ぐるみの中に
「ないしょ!」と笑っていた
休みに帰ると、バイトは切れるので、帰ったらバイト探しが大変だったことも


明日はいつもの時間に?
と声をかけると嵐のPVを見ながらチャットしていた
日本のタレントの話などしていたら、部屋の子が
「ちょっといいですか?
時々バイトでお客さんに褒められます
その時、【まだまだです】のワタシの日本語はおかしいですか?
お客さんが笑います」
んん~~
この前来た三井さんも上手って言ってたじゃない~
彼女はベトナム人特有の日本語で、全部が尻上がりのアクセント
そこがまた可愛らしくもある
それぞれの国の特有の【日本語】がある
「韓国人の日本語も違いますか?」
PCはちょうど東方神起のPVになっていた(笑)

昔取った杵柄で、あおうえおの発声練習と口の形をやってみせた
ベトナムでは 【あ】だけでも5つあるんでしょ?
日本の【あ】は、もっと縦に口を開けるの
【え】は横にぎゅーーっと引っ張るように・・・そうそう
夜半に3人大きな声で 【あ・い・う・え・お】
あとは、みんな同じ 
かきくけこも、さしすせそも・・・

それからね、ちょうど新聞に、新しく社会人になる人に
「ありがとうが口癖になる位たくさん言いましょう」って
「ありがとうございます。でもまだまだです」って言ったらどう?
すごく日本語が上手に聞こえない?(笑)
ありがとうは、日本では人間関係をとってもスムーズにしてくれるの
新聞には
言われる方も言う方も優しい気持ちになれる
価値観が違う相手でも、言われて嫌な言葉ではありません
とあった
きっとベトナムでも一緒よ

帰りはアパートの玄関まで付いてきて
「また日本に来るかな(来れるかな?)」
ハネムーンに来るわよ 来たらいい

c0023323_9224737.jpg

[PR]
by stefy3 | 2010-03-23 07:59 | レトロなアパート

ネパール・グルカの青年

人の縁は不思議
アパートにネパールの学生さんが1人住んでいたおかげで、
たくさんのネパールの学生さんと知り合った

中でも彼は、アパートに住んでいたSちゃんが鬱病のようになった時、
毎日のように来て、
アパートを引き払ってネパールに帰す時は、
最後の最後まで片付けていった
近所を通ったら、またいつでも寄ってね、と別れた

昨年商店街の秋祭りで、屋台を出してくれる学生を探して
市営団地の4階(4階は全部留学生)を巡り歩いている時、久しぶりにあった
就職の話をして、決まったら教えてね、と

で、先日、タイミングよく現れて、2つの内定のどちらにするか悩んでいると言うので、
ダンナが、すぐに地元IT企業に勤める卒業生と、
数日前来たばかりのドバイの航空会社に勤める卒業生に連絡を取ってあげて・・・
卒業する前に、カレーをご馳走して!(笑)となったわけだった

お邪魔すると、カレーは出来ていたけど、
まだ料理の途中だったので、手伝いながらおしゃべりした
c0023323_7204148.jpg


ドバイの航空会社に決めたんだけど、先輩は、とっても丁寧に教えてくれたよ
そのメールも見せてもらった
ドバイに来る時、関空に来る時は、セミフォーマルで来るのよ!とまであって、笑った
・・彼女は、この繊細な気の使いようが、疲れちゃうんだよね
「ボクはそういう日本、日本人が大好き
アメリカに行った友人は、英語しかないけど、ボクは日本で、英語と日本語と、日本のこと、日本人、たくさんの外国人の友人が出来た!」
地元IT企業も、
「ボクが電話しようとした前の日に、君はきっとドバイに行くだろうけど、また何かあったら来たらいいと。とても嬉しかった」
控えめで、まるっきり見た目【日本人】の彼だが、自信がみなぎってみえた

食べながらも、初めて家族の事など聞いた
c0023323_7264378.jpg

ジャガイモとチキンのカレー、ダル、青梗菜の大蒜と生姜の炒め物、ビール!(笑)お茶

実家は、カトマンズからバイクなら2時間(バスなら、3~4時間?笑)
そこは、子供たちの教育のために出てきた
生まれたのは、もっと田舎
学校はカトマンズのイギリス系の寮のある学校に、お兄さんと二人で入っていた
・・お父さんは何をしてるの?
「ソルジャー」
ソルジャーか・・・
「僕達はグルカ
お兄さんもイギリスのソルジャー。
だから、高校を卒業した弟も今はイギリスで働いているけど、お兄さんと弟は永住権があるんだ
ボクは、大学の間一度も帰らなかったし、申請に3ヶ月位かかるから、
ボクだけ永住権がないんだ・・」
そうか、だから、いつかイギリスに行きたいって・・か
家族写真は、シンガポールやブルネイで撮ったものもあった

「航空会社なら、休みに兄弟に会いにいけるし、
会社は年1ヶ月の休みをくれるから、その時、お土産をいっぱい持って、ネパールに帰れる」
ネパールも、帰る時には親戚縁者にたくさんのお土産がいるんだね

数日前、初めてバイトした○○ファームの人とも会ってきた
「ネパールの学校の寮はご飯が出たから、ここの寮は自炊って知らなくて
最初3日くらい手でカップラーメンを食べてた。箸もどこで買うか知らなかったから」
今は、大笑いできるエピソード
「それから、同じ学校から来たSちゃんや女の子に教わってご飯を作れるようになった」
じゃあ、このプレッシャークッカーも使った事はなかった?
「お母さんが使っていたのを見たことがある(笑)
でも、この日本のはいいね!」
ネパールもインドと同じで、蓋を中から合わせるタイプ?
「そうそう!」・・・アレは難しい
c0023323_7423155.jpg

デザートに苺とバナナ入りのラッシーのようなもの・初めて作ったそうだ(笑)

部屋に絵本があった
c0023323_7441721.jpg

ネパールの子供たちに、日本の絵本を翻訳してるそうだ
絵本は、ボランティアに所属していて、そこからもらったとか
「ネパールには学校に行けない子がたくさんいるから。なにかやりたいんだ」

話は尽きないけど、ダンナ特製の【卒業アルバム】をあげると、とても喜んでいた

ね、私の「いい人」のカンは当たるでしょ?(笑)
ダンナはその日アパートの契約に来たケニアの女の子とその友人とトラブって疲れていた
[PR]
by stefy3 | 2010-03-20 07:55 | 近所の住人

リキシャと三井さんと町の人々(動画)

リキシャと三井さんはたくさんの笑顔をくれました


[PR]
by stefy3 | 2010-03-19 07:07 | 取材など

空き部屋のお客様 リキシャと旅写真家の三井さん

突然空いたアパートの部屋は、2ヶ月の春休みで、相変わらず空いています


毎日見ている リキシャで日本横断の途中の旅写真家の三井さんに、近くを通るなら、ボロアパートでよければ泊まれますとメールしてみました


三井さんのブログには
「5円タクシー」営業中!
もし、お近くにあなたの笑顔を届けたい相手(ご家族、お友達、恋人など)がいるのなら、このリキシャで「笑顔のプレゼント」を贈りに行きましょう。
サプライズ間違いなしです。リキシャがお近くを通過しそうなときにメールで連絡をください。

と確かにあるんですが・・・
オバチャン、そーとー図々しいけど、学生さんに見せたいから、寄ってくださいとは、言んかった~

来ました。
本物のバングラディッシュのリキシャです
c0023323_6494816.jpg


私の車を出して、リキシャは、うちの一等席のガレージに

近所のバングラの学生さんを、リキシャがあるのは内緒で呼んできました
ビックリして、嬉しくて、顔がグジャグジャです
日本にも、これ、あるか?と車輪をさすので、隣の自転車を指差してあげました
パニッくってます(笑)
戻った彼が、「相当興奮してるけど、なになに?」と
1階の店番を頼まれている日本人の【かあちゃん】も、見たいというので店番を変わりました

そんなこんなのちょうどそこへ、ダンナと出かけて三井さんが戻ったので、
「バングラの学生さんが、今、こいであげるから、リキシャにのるかって」
じゃあ、のりましょう!と・・・

【かあちゃん】に見送られて、リキシャ、商店街を走ります
c0023323_6583749.jpg

あれっ?

こら~!後ろに乗せてもらってるや~~ん!!
c0023323_659686.jpg


c0023323_732317.jpg


c0023323_734531.jpg

ちょっと感動して、ウルウルしました

ほんとに、リキシャが、ド田舎のシャッター通りになりつつある商店街を走ってるわ・・・


到着した時は、丁度スリランカの学生さんとお父さんがみえていて、
お父さんリキシャの後ろに
「ヒンディー語が書いてある!」とビックリしたり、

c0023323_9282410.jpg

                         写真・ダンナ

アパートのベトナムの学生さんには、夜遅くまで、写真を見せてくれて、話を聞いたり、

c0023323_9292177.jpg

                         写真・ダンナ

私も三井さんと留学生の会話は、とても勉強になった
商店街の理事長さんや、デイケアセンターの職員さんや、商店街のオバチャンや、オイチャンや、通りがかりのオバアチャンや・・・・
みんなに、サプライズな笑顔を届けてくれました

c0023323_9304544.jpg

                         写真・ダンナ

c0023323_9313445.jpg

                         写真・ダンナ

お見送りには、ダンナにたたき起こされた近所の新聞記者君も
c0023323_7155712.jpg


c0023323_7221763.jpg


リキシャも、三井さんも、かっこよかったです

リキシャで日本縦断は こちら

写真家、三井昌志さんのHP たびそら


たびそらは、2000年に近所に留学生が半分と言う、日本でも稀な大学が開学し、
留学生の手伝いやら、訪問やら、アパート探しや、引越しやら、付き合いが増える中、
2001年に我が家もPCを買って、
日本人の目からみた、この子達の国の本当が知りたい と探した中で見つけ、
それ以来、ろくに外国にも行った事がなかった私の、
留学生の母国の本当を知る助けでした
改めて、ありがとう!
[PR]
by stefy3 | 2010-03-17 07:49 | 取材など

卒業式の朝

c0023323_7221992.jpg

お友達が迎えに来た所をパチリ
アオザイは会場で着替えたようです。残念
卒業したら、ハノイの空港で働くとか

c0023323_7255294.jpg

ベトナムの豚ロースハム

c0023323_7311376.jpg

こんな風に包んでありました

c0023323_7274183.jpg

ヌクマムぷんぷんの揚げ春巻きと春雨

ハノイも行ってみたいです
[PR]
by stefy3 | 2010-03-13 07:33 | レトロなアパート

ペットボトルキャップ

アパートの廊下に置いたエコキャップの箱

2月から、市のリサイクルセンターでも回収が始まったので、持って行きました

c0023323_7242052.jpg

箱から出して、ゴミや汚れの強いのはよけて
洗って、シールをはがし、乾かします


1,8キロありました
キャップ400個で約1キロ
800個のキャップでポリオワクチン1人分

アパートには協力の感謝と、また新しい箱を置きました
[PR]
by stefy3 | 2010-03-11 07:30 | レトロなアパート

嬉しいこと

レトロなアパートは、残っていた中国の学生さんも
「東京に就活に!」と出かけ、初めて誰もいない
ダンナは、ここぞと、何度言ってもこっそり土足で歩く! 廊下に塗料を塗った(笑)

留学生やその家族とすこし浅からぬお付き合いは、正直とても大変な事もある
いや、そんな事の方が多い 
でも、それを忘れさせるほどの嬉しい事もある

最近、地元で英会話を教える事にしたというイランの卒業生
HPを作りたいというので、ダンナは、ビデオの編集、私はとりあえずブログの作り方を教えた
「今週は、8人も新しい生徒さんが入りました!」とメールをくれた
頑張って彼女より高給取りになって、堂々と迎えに行かなくっちゃね


先日は、ドバイに住む日本人と東京で仕事をするインド人カップルが突然訪ねて来てくれた
c0023323_927497.jpg

客室乗務員の彼女が少し疲れたのと、自分も日本の銀行に勤め、
リスクを負わずインド進出したい企業(ありえん!笑)
との間でストレスが溜まっていたのだろう
「一番にここに来たいって言うんですよ!」
彼女の一言がすべてを流すように嬉しかった
実は学生時代、インドと日本の違いで叱ったことがあった彼だった
今は「インドに帰るとムカつく」そうだ
最初は騙されないように、目つきが鋭くイライラし、「別人でしたよ~!」と彼女
そして、しばらくすると、自分もインド人と同じにしなければ・・・
東京のようにおとなしく並んでいたら「一生手に入らない」そうだ
そんな自分がイヤなのだろう

一方彼女も、
「一番イヤなのはインド人!インド線は、疲れる」とインド人の彼に鬱憤を晴らすのもおもしろい
多国籍のスタッフの中で、日本人はつい調整役になって、そこでも疲れるのだろう
「いろいろあるんですよー!」

学生時代、アパートの学生さんが
「どんな御家に育ったの?」と言うお嬢様で
「いっつも外国の子と歩いてますよ!」と苦もなく育った風だったのに


数日後の夜、ネパールの学生さんが、就職の内定を貰ったと寄ってくれた
c0023323_9283573.jpg

前のセメスター、ネパリは全員就職がなくて帰国した
彼も、大学院に残ろうかと、夏に秋祭りの屋台を頼みに行った時言っていた
決まったら報告してね・・・その約束
聞くと、ドバイの航空会社と地元もIT企業と言うので、
急いで、そこに務めるスリランカの卒業生に電話をした
スリランカ人も学生時代叱ったことがある数少ない学生(笑)
もう、そんなお付き合いをする学生もいなくなっるよ・・
ドバイの航空会社に勤める彼女も、まだ日本にいるかもしれないと電話をした
IT企業はシンガポールに研修に出される
そこは3日には返事をしなければならないと言う

あーこんだけしてやったんだから、卒業前にネパールのカレーも食べたいな~!(笑)
「いいですね!」
近所に住むネパールの学生さんも一緒でいいよ!
どこに行っても、日本人は私たちだけだから慣れてるの。心配しないで(笑)

秋に入った日本人の奥様とのカップルのネパール人
アパートを探すお手伝いをして、引越しもしてあげたんだけど、彼は知らなかった

c0023323_7522921.jpg

その時頂いたネパールのお茶
箱は木の箱だった

[PR]
by stefy3 | 2010-03-02 07:55 | 近所の住人