通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Yell

シンガポールから届いた家族写真は、少しふっくらした頬で重たそうな子供を抱き、寄り添う笑顔の夫婦の写真
「国には帰らない」・・・
幸せそうな一枚の写真は、いい暮らしができてる様子を語っていた


クリスマス近く届いた美味しいカレー
もまだまだ、夢の途中
c0023323_728997.jpg


周囲に恵まれ、頑張れているのだろうか

カレーを頂きました
[PR]
by stefy3 | 2009-12-26 07:34 | 近所の住人

夏、暑い頃、「味見して!」と持ってきたベトナムの学生さんのおでんは、おでんとは言いがたい【煮物】
こりゃ~おでんじゃないわ!(笑)
いつか、作って見せてあげるね

急に寒くなって
雪が降った
c0023323_7365837.jpg

前日から大根2本を昔ながらにお米の研ぎ汁で下湯でしたおでん
鍋ごと持っていったら喜ぶかな?
c0023323_7372856.jpg


平日の夕方、アパートは誰もいない
c0023323_742147.jpg

携帯に電話しても 誰も出ない(笑)

結局8時過ぎ、ベトナムの学生さんに鍋ごと預け、帰っていたスコットランド人、中国人にも分けた

「おでん!大好物!」
前回おすそ分けした時そう言った学生さんは18日に卒論を出して、19日にベトナムに帰った
c0023323_7383966.jpg


一応アパートの契約は終わったんですけどね
卒業式に戻ってくるって・・・
荷物は廊下とお隣の仲良しの部屋に持って行っただけで、
スクーターも残っています
あけていないAmazonの箱は、スーツが入っていました;;;;(笑)


朝お風呂に入ったり、バイトから帰った時、デイサービスのお迎えを待つ叔母の隣で一緒に待ってくれる優しい学生さんでした

ダンナが記念にあげた4年間の写真に涙を流していました

あっ、お父さん成人式の写真!入れたかな~
[PR]
by stefy3 | 2009-12-20 07:46

新しい友達と バングラディッシュ人が作る日本食?

バングラディッシュウィークのステージがあった日、同じように先に会場に入っていた親子連れ
素敵なサリーを着ていました
声をかけて、メールアドレスを交換し、後日動画のアドレスを送ると、丁寧な返事

さらに、お家にご招待がきました

あの日は、沢山の家族連れがいて
c0023323_741542.jpg

正直、どの方が呼んで下さったのか分かりません(笑)

でも、行ってみました(笑)

ご主人は大学院生、あの日会ったのは、奥様とお子さん
ご主人は授業があってみえてなかったとか(笑)

ちびっ子が二人
おもちゃもなく、家具もベッドと少し

初めて会うわたしたちに気を使ったのか、キャベツの天麩羅とからあげの夕飯でした
何か手伝いましょうか?と言うと、
「No!No!No!・・・sorry・・・poor dinner・・・」そんな事を言ったような・・・
c0023323_7495277.jpg

揚げたてのから揚げ、私の天麩羅は大当たりの大辛(笑)、蒸しプリンも美味しかった

ご主人の本の中に挟んであった新聞紙を1枚もらって、子供たちと大騒ぎで遊んで来ました
c0023323_758649.jpg

名前は・・・
クィーンになったり、キングになったり、
プリンセスにはしてくれませんでした(笑)

バングラで 船は確かノーカ
教えてくれた小さな先生は、日本のランドセルを背負って、バングラで学校に行っているのでしょうか
お父さんは今、デンマークに行っているとクリスマスのグリーティングが届いた
[PR]
by stefy3 | 2009-12-19 07:58 | 近所の住人

Bangladesh WEEK Dec 4th, 2009

ご近所に イスラムの食材、ハラルフードやエスニックな食材ののお店ができて、バングラの学生さんともいっそう仲良くなった
はじめてのバングラディッシュウィーク
招待状が来たり、電話があったりで、お土産を持ってでかけてきました

初のステージは、お世辞にも上手とは言えないけれど、
バングラの学生の国への想いが色濃く、その意味では、慣れた国のものより、素朴でよかったです

夏休みに帰国した学生が、たくさんのバングラのモノを持って帰っての開催でした

バングラは男ばっかりなので、カラフルなサリーを着た各国の女子学生さんも協力
とてもじょうずでした



ファッションショー



バングラのサリーは、インドやスリランカとも少し違って、麻のようなハリのあるサリーや、少しくすんだ色合いとか、とりわけ、マリーゴールドカラーのサリーは素敵でした
赤いサリーは、前ヒダがとても綺麗にとられ、着せたのは学生さん?と思うくらい綺麗でした

大学院には、小さな子供連れのご家族もたくさんきていて、ちびっ子もステージに参加

c0023323_7592688.jpg


以前、サイクロンに見舞われ、チャリティーをした時とは、ちょっと違ったステージでした

折りしも、今期で満期となる学長が、ステージでそのスピーチも・
モンテカセム学長は、とてもフランクでいつも笑顔で、「●●さん!」と声をかけてくださり、出版パーティーでは、私と娘にも、「いつでも気軽に声をかけてください」と仰る方で、このスリランカのパーティーでは、一緒に手でスリランカ料理を食べ、我が家のキッチンで学生達と遅くまで話していました
[PR]
by stefy3 | 2009-12-07 08:15 | 近所の住人