通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

TOSテレビ大分で3時から放送です

いよいよ今日の午後3時から
TOSテレビ大分で放送になります

c0023323_6211456.jpg

三分咲きの桜を濡らす雨の朝となりました
朝刊には県内の番組で、緑色に色わけされてました(怖・笑)


我が家的には・
「なーんで、お父さんが先なん?
だーれもお父さんとか呼ばないじゃん!」と私
「あーよかった!3時なんて一番友達がTV見てない時間だ!」と娘(爆!)


最初に知り合ったインド人は
だーれもお父さん、お母さんとは呼びませんでした

APハウス1、W5で
インドの学生とパーティーをしていた時知り合った
マレーシアのAi NeeとKohからでしょうか
それとも、その後紹介されたスリランカのMaliだったでしょうか
その時
「スリランカ人に会いたい?」と言われ、
走ってきたSumuduは「お母さん、お父さん」
と呼んだのは覚えています
最近は大人の方が増えて
Mrs○○と呼ばれることもありますが
都合が悪くなると「大家さん」とアパートの学生さんは言ったり(笑)

近所のモト旅館で
隣の部屋のベトナム人を紹介してとダンナが行った時
Kandaは
「He want make friend !」と言ったように記憶しています
私の名前は、初めてグアムに行った時に
カリフォルニアなどからテニスコーチのバイトに来ていた子たちでした
25年位Stefyさんと呼ばれて体に馴染んで郵便物もこれで届きます(爆)


番組のタイトルは少々こそばゆいですが
彼らには
「ニッポンの親切なオジサン、オバサン」位の意味しかないのを
よく分かっています
そして、そんな親切な御近所さん
本物のホストファミリーとして
お父さん、お母さんと呼ばれている方も沢山います
そんな中の一組として見ていただけたら

アパートのHちゃんも六ヶ所村の映画の自主上映をして
「露出度が高くなって・・・」と少々ストレスが溜まったようでした
私たちはネットやメディアに出るのは
APUの1ファンとして、宣伝と・・・割り切れはしないんだけど(笑)
とにかく、
極々普通の一般人のおじさんとおばさんです
メタボなオイサンとか
シワと白髪を必死に隠すオバサンじゃなくて
ここに暮らす国際学生(留学生)さんと地域の方々の
生の姿を見ていただけたら嬉しいです
c0023323_6561815.jpg

これは、たまたま我が家で一緒になったメキシコの学生さんの名前を漢字で書いてくださった小学校の先生

まだ見てないから怖いんだけどね~(爆)
ざわざわしてるのは、
半径3M位なのもよく~わかってるんだけどね~(笑)

TOSの工藤アナウンサーの熱意と映像新社の皆さんのおかげで・・・
いい番組になってるといいなぁ~
[PR]
by stefy3 | 2008-03-30 07:08 | 取材など

日本人の学生さん

アパートは、留学生と日本人の学生さんも一緒に住んでくれたらいいなぁ~
そんなぼんやりした夢をかなえてくれたのは、
ある日、唯一のこの町の町おこしサークルの残りの学生さんで、
近所のおじさんたちと公園の掃除の時に
「どっか安いアパートないですか~」
と聞いて、紹介されたAちゃんだった

すっごく気に入ってくれて、
その後連れて来た友人は、また友人を連れてきて・・・と
4人入ってくれた

その最後の一人になったNちゃんが、
夕方ベトナムの学生さんにお土産のお礼におやつを持っていったら
久々に見るヘルメット姿で走りこんできて
「セーターやっと出来た!」と
丁寧に袋に入れてあったのに見せてくれて
「これがネックで帰れなかった~!」と(笑)
背も袖も総模様の黒のアランセーターは
「すっごく素敵!
でも、お母さんさ、何で私のはないの~って言わない?」(笑)
「あーなんでだろう」(爆!)
お父さん似のお父さん子なんだろう
4年間の仕送りを終えて就職も決まって
ホッとしてる所にこんなのもらったら・・・泣いちゃうよ~(笑)
事故の時は「言わない」と言うんで、
破れたダウンを繕ってあげたら、
そんなことも後でちゃんと報告してたね~

最初に隣にいたTちゃんは、
長い休みに退屈していたネパールの学生さんを
実家に連れてってくれた地元の子だった
その子はたしか初めて日本人のお家に行ってきたって・・
いーーつも本を読んでいたね~
タイで元気にしてるかな~

Hちゃんは一つ年上で日本人の学生さんからも
留学生の子達からも頼りにされていた
私も・・・(笑)
太っ腹なお姉さんだった
ベトナムから買って来たアオザイは
クオーターブレイクに持って行って
泊めてもらったら?と見せてもらった
黒じゃないけど、すごく似合うと思うよ

Aちゃんには、
もしかしたら1年生の時にあっていたかもしれないな~
その日私は小学校の文化祭だったかの駐車場係りの長で
門の近くに立っていた3人の学生・・・
キャピキャピしていた(笑)
一人は日本人なのか、留学生なのか怪しい(笑)ので
声をかけてそんな事なら
校長室に行くように言ったあの中にいたかもしれないのだった


少し心配でスタートしたレトロなアパートは
偶然にとってもいい日本人の学生さんに出会えた
遊びに来た子や、
使わなくなった家具をくれた子、
それを運んできてくれた子、
もちろんナイトバザールを手伝ってくれた子などなど
書ききれないほど素敵な学生さん達に

ありがとう
[PR]
by stefy3 | 2008-03-27 07:30 | レトロなアパート

立つ鳥

日差しもすっかり春めいて
近所の大学を望む我が家の天空ガーデンも
春の花が咲き出しました
c0023323_6192859.jpg

レトロなアパートは引越しで空いた部屋から
お掃除をして・・・
と言っても、外国の方の引越しは
日本人のソレとは違います
引っ越していなくなった後にも
ダンナが、車でごみ焼却場に運んで捨てました(笑)
以前は、近所の大家さんから苦情が来た事もあります(笑)
でも、保証人でもないし、
その学生さんの実家の住所を知ってるわけでもないので
ひたすら頭を下げるだけでしたが、
今は文句言いながらも自分達でで何とかすればいいので
気が楽です(笑)

あらかた片付いたら義兄がメンテに入ってくれます
このお部屋は、キッチンの床を張替え中
c0023323_6254040.jpg

2階の二部屋はもう済んで週末に一人引っ越してくるそうです
それも、先週も先々週もそんな事だったので、
本当にいらっしゃるかどうか分かりません(笑)
不動産屋さんに出すと
また1ヶ月か2か月分、借りる学生さんにかかるので
不動産屋さんに出してないので、すぐにお部屋が埋まる事はないのですが
・・・・まあいいかな~とダンナと笑います
「儲けようと思ったらこんなことせん!」と言うのがダンナの言い分です(笑)

共同の冷蔵庫も、一人しか使ってないので
聞いて賞味期限の切れているのは捨てて
洗って拭き上げてさっぱり
その間、翌日帰ってくる学生さんのお部屋に
布団乾燥機をかけて・・・
ドアを開け放しているついでに、その学生さんに
「自分のお部屋も掃除機かけたら?」と言ったら
「日曜日に した!」と・・・やられた~(笑)
週に一度、日曜日にでも掃除機かけないさいよ
と以前言ったのでした
[PR]
by stefy3 | 2008-03-26 06:41 | レトロなアパート

ビックリ×100!

医大に搬送されて手術した24歳の新婚の奥様のお見舞いに、
「明日行こうか?」と言うので、ご主人に電話したら、
もう近所の医療センターに転院してる!と言うので、すぐに行った

リハビリに行ってると言うので待ったけど、
なかなか戻ってこないので私は会わずに帰って来たけど
ダンナが写真を見せてくれた
c0023323_745415.jpg


翌日、私も、残り物だしハラルじゃないけどカレーを持って行った


鮮やかなピンクのバングラの衣装を着て
スカーフをはずし、三編みのお下げで
言語の障害が少し残るためゆっくりゆっくり話す奥さんは、
少女の面差しだった
胸に葡萄の様なネックレスが光っていた
「今日が結婚記念日なんですよ」と御主人が照れくさそうに言った
じゃあ、プレゼントなんだ
「夕べ、ユメタウンで選んだ」
あーーっ、いいわね~私なんか何十年にもなるけど
ダンナからプレゼントなんかもらったことないわー!と言ったら、
奥様が、
「今度私がプレゼントするように言って上げる!」と言ってると
御主人が通訳してくれた(爆!)

家に帰って今日が結婚記念日なんだってとダンナに言うと
Aさんが電話してきて
今日は結婚記念日なんだけど、行こうか?って電話があったから
「遅いわ!」と笑ったと
へぇ~いいなぁ~~


それからビックリしたもう一つは
Pちゃんがいよいよアパートを出る時、
超人見知りの同じスリランカの学生さんが
部屋のドアのところでお別れをしていたと思ったら
ちゃーんとタクシーのところまでお見送りに来た事
へぇ~~
[PR]
by stefy3 | 2008-03-21 08:00 | 近所の住人

楽しいお別れ会

アパートのお別れのパーティーも
みんな忙しくてなかなかできずにいたので、
スリランカからお父さんが来てるし、Pちゃんのお別れ会に
アパートのみんなも誘った
集まったのは、Pちゃん、Pちゃんのお父さん
日本人の卒業する子、そのBF,
偶然前の晩電話をかけてきたスリランカの大学院生と奥様
もちろん、時間キッチリに来たのは、日本人のカップル(笑)

Pちゃんのお父さんが
用意したご飯を食べて
「スリランカに帰ったみたいだ!」と盛り上げてくれる
英語もあまり話さないと聞いたので
毎朝「おはようございます!」と言うと
「おはようございます」と返してくれた
・・・悩みに悩んだメニューは、やっぱりインド料理だったんだけど(爆)

大学院の御夫婦も我が家のはじめて見えられた方で
こんなスリランカ人はじめてっ!
って位面白かった!!
我が家にはお土産を持ってきてくれたけど、
仲良くなったアパートの日本人の学生さんに
自分がしていたブレスレットをあげた
「えーほんとにいいの~」と言ってたら・・
走って部屋に行って、可愛いブレスレッドを持ってきてプレゼントしていた

なにがおかしかったって・・・
「日本の食べ物は何が好き?」って私が聞いたら
「ゴハン、スープ・・」って、味噌汁はしらなかったんだけどね(笑)
野菜や材料が延々と続く・・蕪とか・・怪しい・・・と思っていたら
「どうやって食べるの?」と日本人の学生さんが聞く
カレー!」・・・やっぱり!なんでもカレー!(爆!)

「あと、ジュウソウ!1パックに10個位入っている・・・」
ジュウソウ??炭酸?じゃないしね・・・
御主人が絵を書いてくれたけどね~
携帯に写真がある!と言うので見ると餃子!
なんで、どこで、餃子がジュウソウになる??

他にも、歌を歌えとか、なら自分が歌うとか、奥さんは上手なんたとか・・・
いや、ヘタじゃないけど、
さっき、Pちゃんは、スリランカで流れているこの曲は
お母さんが前歌っていて、高校生位からは私が歌っているのって
プロじゃーーん!っていったばかり
きっと日本人の子達の方も
カラオケとかで上手だと思うよ、数段って具合
BFもご主人と仲良くなって(幸か不幸か・・・笑)
ずっと喉が痛くて、少しよくなっていたけど、
笑いすぎてまたぶり返してしまった(笑)
c0023323_7355499.jpg

[PR]
by stefy3 | 2008-03-20 07:43 | 近所の住人

東京に行って罹る3つの病気

半年前に卒業したNちゃん、
今はお洒落な青山の会社に勤めています
弟の卒業式で帰ってきました

とても優しくて仲良しだったので、
聞きにくいけど、気がかりだった事を聞いてみました
「ここでは、みーんな留学生って分かるけど、
東京に行ってパスポートの呈示とか・・・」
私の心配を読んで、さえぎるように
「一度もないよ、おかあさん。住んでる町の人は優しい」
「UKに行ったSは?」
こちらも、言いにくそうに
「カルチャーショックがあったって・・・」
・・・そう・・・

「でもね、東京に行って3つのsickに罹ったよ!」
1つは、ホームシック
2つ目は、フレンドシック
で、3つ目は、別府シック!(爆!)
あ~別府の人と、市長さんに聞かせたいわね~~(笑)

些細な事も上手に日本語で話してくれるこの兄弟
姉は多国籍が働く日本企業で、
弟は外資の8人しかいない外国人社員
「4年間お世話になりました」って・・・なんにもしてないよ。。
人事の面接官も見逃さんかったなぁ~と笑った
c0023323_6265541.jpg


アパートのPちゃんのお父さんの迎えを頼まれたD君が来て
「連絡がねーから、どげーなっちょんのかと思って」と顔を出した
もーすんばらしい大分弁で・・・大分のオイサン!か?
帰りがけ、ドアを閉めかけて振り返り、
「おかあさん、昨日来んかったのー・・・」(怖!)
見逃さんな~・・・そこは、見逃せよ~!(爆!)
[PR]
by stefy3 | 2008-03-16 06:42 | 近所の住人

ドドーーン!と青唐辛子!

「じゃあ、私が 日本のカレー作ろうか?」


と言う事で・・・

久々に インドのお母さんスタイルで・・・
c0023323_740334.jpg

と思いましたが、あぐらがかけない!ので、
片ひざを立てたら・・・韓国スタイル??


秘密兵器は、フリーザーにためこんだ・・・
c0023323_7422195.jpg



c0023323_7424251.jpg


ニンニクたっぷり!生姜も黒胡椒もグリーンカルダモンもっ!
そうそう、カランピンチャもカレーパウダーも入れたら、
どこが、日本のカレー?(爆!)
ダンナは、一つじゃ足りない!と
我が家の大きな鍋1号と2号二つ分

今日はスリランカの学生さんの送別会で、卒業式に出るため御家族も沢山来日されてるそうです
「先生の奥さんが、カツレツ100個作ってくれる!」

ほか弁でも喜んでくれるよ!
[PR]
by stefy3 | 2008-03-13 07:48 | 近所の住人

爽快!&TVのお知らせ

思いがけず空いた部屋
3月卒業して空いてからでいいと2月に決めたベトナムの学生さんに連絡すると、その部屋でもいいと週末見に来る事になったので、お掃除をした
絨毯は駐車場で洗い、こたつ布団も洗い、押入れから出てきて多分「いらない」と置いていった毛布3枚も洗って、暖かな日差しにおもいっきり窓を開けて風を通した


そこに運良く?TV局から昼過ぎにいっていいですか?と電話が来た

来たのは・・・
c0023323_513884.jpg

ボロアパートには絶対!住めそうもない大男!(爆)
「隠岐はどうでしたか?御馳走でした?」
はーそうきたか。。。
「二人とも別府の生まれ?じゃーいっぺんは行って見らんとねー!御馳走は、みんな魚よ!」
「あっ”ボク宗教上の理由で、魚だけ!っていうのは・・・」(爆!)
「今度インドとか行ってみたいっすね~」
「前、ボーイフレンドに付いて4ヶ月だか行くって言う普通の女の子に、心配して日本の保険使えるから手続きしてあげたんだけど、2週間で帰って来た。胃腸炎だって。どお?ダイエットしに?」(爆)

彼らとはこの時知り合って、我が家を6ヶ月取材してドキュメンタリーを撮りたいと言うアナウンザーさんの案が通って、
スリランカの学生の2時間遅れの送別会
c0023323_5294588.jpg

今までで最高の人出になったナイトバザール
アパートのポットラックパーティー
他にも、バイク事故の学生さんの事
ベトナムの子の引越しはまだ暑い頃
c0023323_5301255.jpg

そして先日の海士町へ
c0023323_5315794.jpg


c0023323_5323799.jpg


その間にも、イスラムの方々と知り合って、イフタ(イフタール)、脳出血の奥さんのお見舞い
日本ではニュースに流れない帰ったばかりの学生さんのスリランカの内戦の話
そして、不幸なコロンボ駅での友人の死などなど沢山取材していただいた。

「そのまんまでいいです」これが引き受ける決め手でした(笑)
えーえー長い事プライバシーも無くなりそうで、かっこつけられそうにないです(笑)
2000年の開学の時インドの学生さんを招待した時は、わけが分からず、地元ケーブルTVに映った私の顔は引きつり、新聞社から聞かれたダンナの年齢は間違い・・・しかも、悔しい事に若くっ!(爆!)
その後、何度か地元ケーブルTVの取材、
NHKの昼時日本列島の生番組・・・これも、近所の八百屋さんでは学生さんに連絡がつかなくて来た話で、2ヶ月も取材があった~!
商店街と留学生の交流を取材したいと言うイマドキご飯?の取材がなぜか我が家に来て・・・残念ながら、これはダンナが送ったNHKのビデオを見てボツになったよう・・・何十回も我が家のご飯時に子一時間の電話をかけてきたのにっ!(爆!)
大学から来た地元の人との交流ということで、中京TV
この時は、眞鍋かをりさんと阿藤快が我が家の休みにあわせてくれて御一緒しました
が、NHKも中京TVさんもシナリオがあったんですね~(爆!)
ダンナは
「素人に立ち位置とか言うか?」と(爆!)
地元新聞社のMIXと言う雑誌
c0023323_5453880.jpg

ここには、表紙を飾る学生さんを沢山紹介して、最後に出させていただいたような(汗;)

とにかく、海士町に 騙されて?(爆)連れて行かれた以外は、そのまーんまです(笑)
で、この日が最後の取材でした
c0023323_5553859.jpg


FNS系列九州沖縄8局で放送されます
地元大分は TOSで3月30日 日曜日 午後3時
 からだそうです
他の局はそれぞれの時間になるそうです

今日本も沢山の外国人が住んでいます
働きに来る人、勉強に来る人、ついてきた家族、そして不法滞在・・・
この町も密度は六本木並みだそうで
こんな九州の小さな町に世界82の国と地域からA大学だけで2600人を超える留学生、市内には他にB大学に日本語科に韓国、台湾、香港、モンゴルなどの学生が700人弱、M短大にも中国からの学生さんがいます
我が家だけでなく、沢山の普通の英語も外国語も話さない人が、ある日隣に外国の人が住みだしてお付き合いが始まって、彼らの国を訪ねるほど仲良しになっています
どうぞ、TOSの工藤アナウンサー、映像新社の田辺さんはじめ、沢山のスタッフの方々の熱意で、地元では振り返らなくなった留学生の話ですが、ぜひ御覧になって下さい

我が家も迷いながらの8年でした
最初はずいぶん無理もしましたが(爆!)そのたびごとに、ダンナの熱意は変わらず、
まー私も、いいんだけどね、一応聞いてみるけどね、といった具合で、まあ神様のお引き合わせかな?私たちにやれっちゅーことやな、と(笑)
学生さんの中には、どうして親切にしてくれるの?と聞いた方もいました。
いいんよ~日本には、いつか巡り巡ってお返しする時が来るって言う考えがあるんだからというと、自国にもあると仰ってました。
工藤さんの最後の質問は
「これからは?」と言ったような気がしますが、今までどおり、隣人として・・・

折りしもその晩読んだページは曽野綾子さんの「部族虐殺」の中の「片手間の誠実」というところでした。
我が家のような形のボランティアもあってもいいかなと思わせてくれました

掃除も洗濯も取材も終わって、爽快!でしたが、また通訳のいるような日本語の電話に、
「だーかーらっ!豚とかポークって書いてないカレールーのでっかいのだけ!買ってきてっ!」と叫んでいました(爆!)
「あーあの日本語が分かるのは私だけかも!」と笑って言うと
負けじとダンナが
「今度来るLちゃんのベトナム英語が分かるのはオレだけかも!」と大笑いしました
[PR]
by stefy3 | 2008-03-12 06:47 | 取材など

ぶちっ#

ちょっと・・・
いや、ちょっとじゃなく 切れた  ぶちっ

そのうち ぶちっ#

ついに ぶち ぶちっ!

で、言った

ダンナは、
「言わないーやんか。どうせ・・
無理なら引き止めずギブアップした方が本人のためだ」

期待も見返りも何も求めない
相手の文化、習慣も尊重するし勉強してるつもり
でも、言わなかったことで私が後悔してグジグジ思うのが好かん!
言っても何も変わらなくてもいい
いつかわかる時が来れば、それはそれでいい

で、ぶちっ!!!としたのを慰めてくれたのは これ
友人がプレゼントしてくれたお皿の裏に
c0023323_10162659.jpg

作家さんのサインと気づかなかった

女の子が笑っていた

そう見えません?(笑)


今日はスペシャルバージョンのペーパーカップで
約束の子ども達に届けに会いに行こう♪
c0023323_10245763.jpg

[PR]
by stefy3 | 2008-03-10 10:25 | レトロなアパート

それぞれの春

アパートに帰って来たAちゃんを捕まえて
町おこしの作戦会議をしよう!と(笑)
もどったらピンポンを押してくれて10時までいいと言うので
我が家の夕飯のハッシュドビーフの残りの大盛りとコーヒーと苺大福をもって部屋へ行ってPCを立ち上げた
ただいまーと人材派遣のバイトから帰ったHちゃんが
「疲れたーー!今日は坂ノ市だったー!」とこたつの反対側に座って報告書を書きながらお皿のそっち側からハッシュドビーフを食べる
「いつまでいる?引越しの準備は?」
二人とも
「まだわかんないから、二十日過ぎまで・・・いいかな~」
T君も来て、みんな忙しいから二人でコーヒーを飲んだ
T君配属は?
「3日に分かるらしいんですけどね」
地元企業に決まったのでずっとこの町に住めたらいいなぁ~
ただいまと顔を出して部屋に戻ったNちゃんが、コロッケを作って持ってきてくれた
「コロッケとか自分で作る?」とHちゃん
せっかく実家の近くの関西の企業に決まったのに、配属は関東で会社から引越し費用とかでないし、家にも頼らないようなのでバイトバイト
帰りにNちゃんの部屋の押入れから使っていないお布団出していいかな?と声をかけると
セーターの身頃まで出来ていた
「またお父さんの?!」とからかうと
喜んでくれるし・・・と
バイト3つしながら夜編む黒いセーターは大変だっただろうね

翌朝一番に下の階の四畳半に布団を入れて乾燥機をかけた
毛布はなかったので、義母に古いのでいいからと出してもらった
「こんなアパートに来る人は、お布団持って来んの?」と
スーツケース一つといくばくかのお金とを持って来日する子にお布団どころか、ベッド、こたつかストーブ、ファンヒーターと冷蔵庫、コンロ、テーブルなど用意してあげないと・・・
前日急にスリランカのCちゃんの弟が「朝着く」と言うので
アパートは女性だけなのだが、兄弟が一緒に住んだほうが生活費もかからないだろうとダンナが決めた
その部屋は、実はベトナムの子が契約をしてスーツケース二つを寮から運び入れただけで帰国した学生さんの部屋だったが、数日前急に、お父さんが癌で危ないので、今期は休学して戻らない。ゴメンナサイと丁寧なメールが入って、お友達が荷物をとりに来ると言うので片付けた部屋だった

弟が着いたら顔を出してと言ったのに、なかなか戻らない
スリランカのS君が家の前に車を止めて、今度のパーティーの招待に来た
数日前の晩、私が寝た後に急に男の子3人が今度の送別会の相談があるときて、流石に外国の子達でもそれは悪いとダンナが説教したらしい・・・ものの5分位だと思うけど(笑)
間にあわなかったら、私がカレーの担当を頼まれたが、なんとか自分たちで出来るよう・・・ほか弁らしいけど、みんな忙しいからそれでいい(笑)
Cちゃんの弟が着いてたら会わせておきたいんだけどな~
ベトナムから帰ったばかりのTちゃんは
ベトナムのカラフルで大きなマスクで帰って来た
ずいぶん暖かくなったけど、バイト先のアミューズメントパークは山の上
夜、体温計を持って行ったらご飯も食べて薬も飲んだというので大丈夫そう

昼過ぎもう1年になるCちゃんのずいぶんふっくらした頬
ボロボロ泣きながら来た
弟、よく聞くといとこが日本に着いたけど
母親が急になくなったので、そのままスリランカに戻ったと
ダンナと二人慰める言葉もない
45歳だったそうで、いとこは父親もすでに亡くなっているらしい
どんな子か会ったこともないから分からないけれど
私は、その子も厳しい4年間になるのかもと想像した
戻らないかもしれないし、また来るかもしれないけど
来るなら私たちは待ってますよと弟さんに伝えてと言った

とりあえず下の四畳半は2千円安いのでCちゃんが移ることにした
弟が来たら隣合わせになるように
[PR]
by stefy3 | 2008-03-09 07:38 | レトロなアパート