通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

海苔巻きとバングラディッシュカレー

海苔巻きを作ったので、先日の赤ちゃんが生まれたお家に届けに
切るのは、時間がかかるから、行ってデモババしようっと♪


先客がいて丁度電話工事が終わったところ
コレとアレと書類を渡して
「さっき水をこぼしたので・・・これも」
良く分かりませんが、右から左に私に渡ってきました
「出さなきゃいけないんですか?」
「出しても、出さなくても・・・」
アンケートに答えると、何かあたるという葉書
裏にはアンケートの質問が一杯
「(彼らには)難しいね~(笑)」
「はぁ~出さなくていいです(笑)」


そんなことがあって、おもむろにのり巻きカット
「ナイフを拭く布巾、いや、小さいタオルか、ハンカチかなにかクロスを貸して」
奥様は、手拭のタオルがそこにかかっているからっと
御主人は、いやいや、そうじゃなくって、っと新しいタオルを貸してくれた
この御夫婦は、奥様の方が大らか
包丁は買ったばかりの新しいのがいいとそれを貸してくれた
でもね、海苔巻きはスパッときれるもんじゃない
「ダメね~」と御主人
「違うの。海苔はゆっくり切って、一回ずつ包丁をタオルでふき取ってね」
お皿に並べると
「デコレーションが出来たね!今日は疲れたから一杯食べます。一緒に乾杯します!」と奥様
どうやら一緒に食べようと言うことらしい
「うちでお腹をすかせた娘が待ってるから」

「じゃあ、バングラディッシュの料理を持って行って!」
えっ!御主人、もうご飯の用意をしてたのね。いいよ~
「温めるから。美味しいよ!これはね、ジャガイモじゃなくて・・・」
「里芋?」
「そうそう!あと特別な高い鶏肉!」
ハラルチキン?ならなおさらいいよ~私は安いチキンが食べれるから~

でもね、ちょっと味見していい?というより先に手が出てたかも(笑)
「スパイシーなのは好き?」
「私はあまりスパイシー好きじゃない」と御主人。
バングラディッシュの料理はインドほど辛くないのが多いようです
でもね、スパイスのふくよかな香りが満ちて、美味しいわ~

「このリーフのようなのは?カランピンチャ?ベイリーフ?」
「シナモン!コレコレ!」
と見せてくれたビンには、カットしたシナモンスティックとグリーンカルダモン、あとは?
「クローブ?ブラックペッパー?」
「これはね、肉の時に使うスパイス」
ビンから出してくれたのは、クローブだった
「後は、塩、胡椒、ターメリック・・・・」
奥様が、
「チリとスパイスと」ともう一つのビンを指差した
「匂いをかいでいい?」
「う~~んコリアンダー、クミン、インドのガラムマサラと似てるね!」

で、もらってきちゃった・・・すみません。。。
c0023323_2404578.jpg

いつか、この味を作るね
[PR]
by stefy3 | 2007-04-30 02:49 | 近所の住人

訪問者

大勢で暮らすと、人の出入りも増える
c0023323_7211514.jpg


最初の頃はピンポンもよく鳴った。
慣れると、宅急便も郵便物も、
玄関で靴を脱がなければいけない古いアパートなのに
部屋の前まで届けてくれるように。
「宅急便でーす、って言われて起きたら、目の前におじさんが立っててビックリしたんですよ~!」と(笑)

真夜中にワイワイ帰るお友達に
ダンナ曰く、優しーく 穏やか~に言ったそうだ 「静かに帰れ」(笑)
きっと新入生だよ。知らない顔ばっかりだったって。
春まで留守だったお隣に人が戻ってきているからね

「これ、食べて!」っとくれたのは、高菜の入ったお稲荷さん
せっかくホストファミリーのお母さんが作って持ってきてくれたのに・・・
食べれないのね~

EMSは受け取りのサインがいるとかで、たまたまお掃除をしていて受け取ったり。
きっとスリランカウィークのサリーだったんだわ。

学生さんの引越しを手伝う御夫婦は、教会で知り合った方々だと言っていた。
その学生さんは、もうアメリカに行ってしまったらしい。



数日前は、洗濯機や冷蔵庫を積んだ軽トラが止まった。
その少し前、ラガーシャツの男性が商店街を走っていた。
少し奥まっているので、分からなかったらしい。
運んで来てくれたのは、ベッド
その学生さんの部屋はちょっとはいりにくいのではないかと心配したが、上手に入れてくれた。
どこに置く?っと聞いてくれたが・・・
「後は、私が手伝って入れます」・・・まずお布団を片付けないと(笑)
学生さんに、お店の人?っと聞くと、一緒に働いてる人っと。
そーなんだ。「ずっとベットが欲しかったから、良かったね!」

「なかなか、みんなにしてあげれなくって・・・」っと言うと、
ラガーシャツと運転のおじさんは爽やかな笑顔で
「まだ配達があるんで、じゃあお願いします。職員です。」とにっこり
「今度京都に戻ることになったんで・・・よろしくお願いします」っと。
次の配達先も、留学生ばかりが住む古いアパート。
そこも路地を入った一番奥。
大きな道まで出て待ってるように電話を。
きっと彼女の後に入ったネパールの学生さんに洗濯機を運ぶのだろう

先日行ったインド料理屋の人のよさそうなシェフ
日本に来て3年、カトマンズに家族がいるそうです
お休みに遊びにいらしてくださいと言った
c0023323_7175266.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-04-29 07:26 | レトロなアパート

赤ちゃん

予定日は29日でしたが、
病院に電話をすると、もう退院しましたよ!
えっ” ” ”

あわててご主人に電話をして、赤ちゃんに会いに行きました
c0023323_811720.jpg



          可愛い~~
c0023323_7411777.jpg

          
上は男の子なので、お二人とも待っていた嬉しい女の子
お父さんは、
「赤ちゃんのために、昨日新しいお布団を買って来たよ」っと


ピンポンが鳴って、お友達も来ました
一緒に来たお嬢ちゃんに
「こんにちは ボラ!」
「ゲンキデスカ? ボラ!」
「綺麗な赤ちゃん!ボラ!」
ボラは、お国の言葉で、「言って!」ってことらしいです


・・・しかし、ムチャします。。。

手を洗ってきたかと思うと

産着の上から、持ってきたドレスを・・・
c0023323_7503585.jpg


ありゃりゃりゃ
バングラディッシュのもののようです
「どうしたん?」
「ダンナが帰った時に 買って来た。ダンナが選んだ」
「・・・ダンナのセンスか・・・」(爆!)

保育園に通っているお兄ちゃんは
「お昼ご飯、何も食べなかった」っとお父さんが、お土産のケーキを食べさせ、
遊びに来たお嬢ちゃんはケーキのお変わりをしてくれました
c0023323_7584572.jpg


お父さんは、いつでも遊びに来てねって。
よろしくお願いしますって、何回も・・・

新しく引っ越した団地は4階で、階段はキツイけどね(笑)
また来るね!
[PR]
by stefy3 | 2007-04-27 08:04 | 近所の住人

呪われる?

先日、隣町に住む 超明るいヘルパーさんをしている知り合いの話

しっちょん人がな、毎晩うなされるって。
もらった古いTVに霊がついちょったとかでな、
捨てたらうなされんごとなったっち。
古いモンには、霊がついちょんとか、聞かん?




えーーーっ!
うちのアパートの学生さんなんか、もらいモンの古いもんばっかりでぇ~~(爆!)

音量調整のできんCDとか、本人はレトロっち言ってくれる箱のようなTVとか、
二十年か三十年前に息子さんが東京で使っていたコタツとか・・・(爆!)
c0023323_7551230.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-04-25 07:56 | レトロなアパート

4月の雪

一日遅れのバースデーケーキを届けた日は一日中雨で季節が逆戻りしたような寒さだった

鶴見山も真っ白
阿蘇は積もったと夕方のTVで言っていた

日本で2度目の誕生日
一日遅くなったからね
リボンもかけて、メッセージカードも添えて
今年も苺のケーキ

c0023323_7302375.jpg

バイトから帰ったまんまの厚手の上着で、電気ストーブの前で丸まっていた

電気ストーブね、1ヶ月も使っちゃうと1万5千円も電気代が来て、どうしよ~~!って言うのがいたわ~
カーテン引いただけでも、暖かいんだけどね~(笑)

お国の4月の誕生日はどうだったのだろう
ケーキの写真も、御両親とお姉ちゃんに見せてよ!
[PR]
by stefy3 | 2007-04-20 07:41 | レトロなアパート

ボロデジで撮る 天空ガーデン

春が 過ぎていきます

c0023323_10133520.jpg
もっこう薔薇

c0023323_10145614.jpg
すとろべりーきゃんどる

c0023323_10161322.jpg
すうぃーとぴー

c0023323_10192152.jpg
らなんきゅらす

c0023323_1019539.jpg
ぶるーべりー

c0023323_10201819.jpg
ろーずぜらにうむ・・・というより つがいの燕

c0023323_1021472.gif季節が 変わっていきますね
アパートの日本人の学生さんはまだ戻らない方も

いつもは虫と風と私だけ(笑)
見てくださって ありがとう


今日はお礼に ケーキを

c0023323_10263769.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-04-16 10:40 | 田舎の風景

捜索願

2ヶ月の休みの間国に帰っていた学生さんたちが戻って来ます。
PATPNAから帰って、インドの学生さんが寄ってくれました
「毎日、退屈~」授業もまだ始まらないからね。
「退屈だから、うちを思い出して来たのか?」っとダンナ(爆!)

「コレは、Stefy sanの?」と持ってきたのは、
c0023323_7382776.jpg



c0023323_7452636.jpg
就職した先輩の置いていったものの中にあったそうですが、綺麗だけど、私のじゃないわ~

有名なサリー、パンジャビスーツ、、そして、こんなスカートのタイプ(名前は良く分かりません)

パンジャビスーツは、長いブラウスと細いパンツか、だぶだぶのパンツ、長いショール(ドゥバダ)

サリーは中に着る丈の短いブラウスと、ぺチュコートとサリー

そして、このスカートタイプは、長いスカート、ブラウス、ドゥバダ




c0023323_7461737.jpg
数年前(多分4年位前・笑)インドの学生さんに貸してあげた インドの衣装が戻らないので、この学生さんたちの先輩に、「あったら返してね」、とお願いしておいたのですが・・
1枚は、前回のインドウィークの後に、その衣装を着た学生さんが脱いですぐに返してくれました(笑)

もう一枚、娘の。ちょっと小さめの子供用の衣装は、この学生さんたちが返しに来てくれました。「Sが持ってた」らしい(笑)






そして、もう一枚は、ドゥバダと下のスカートだけで、上のブラウスが行方不明(笑)
c0023323_7412245.jpg


着る事もないのですが、私の大事な思い出の記念の品なので、また探してくれるそうです。
「あなたが、持ってていい」
あげる・・・という意味らしい
また必要な時は、インドに注文する
丁度一番お洒落な時期です。言語ウィークの最後を飾るステージの華は、ファッションショーがあって、皆さん親御さんに新しいサリーやスーツ、オサリ(スリランカ風サリー)を注文します
「新しい方が、いいものね~」

そういわれても・・・値段も聞いてみました
「2000Rp~400Rp位かな~」
それが、インドで高いのか、安いのかも見当がつきませんが・・・
じゃあ、私が預かりましょう
3年預かったとっても重たいインドのグラインダーも、去年「東京にまた来たよ!」と連絡があって、ITの派遣の御家族に、無事送りました

これも、何年も預かりましょう(笑)
[PR]
by stefy3 | 2007-04-11 07:56 | 近所の住人

Hana!

アンパンマン!にドキンちゃん!ジャムおじさん!バタコさん!バイキンマン!食パンマン!えーーとこれはね~~

バングラディッシュの3歳のお嬢ちゃんがお父さんと一緒に来ました
「コンバンワ!ゲンキデスカ?」
この二人が留守の間が、お母さんのひと時の休息らしいです(笑)
用事がある時に来るので、3歳のお嬢ちゃんは、私と遊んで待ちます。

娘の部屋を片付けた時に、アンパンマンの絵本をとっておきました
「コレコレ!」
「えーーと、かびるんるん?かな?」
「こっちは、えーーとね、えーーっとね~~」
「APPLE!」
あらぁ~、オバチャンには、エップルーとしか聞こえないわ~発音がいいのね~

一人で遊んでいるので、ちょっとお掃除していると
「Stefy san・・・・」っと
人見知りがずいぶん慣れてきたようです

お土産を頂いたので、お返しにその絵本と朝、お隣から頂いた小手毬を一枝
「はな!」

お父さんが
「me? wife?」・・・オトウサンにあるわけないじゃん。。。
ちゃんと顔を見て、何度もバイバイと手をふって帰りました。


頂いたバーミセリのパニッシュは、丁度帰ったTちゃんに。ネパールのSちゃんと一緒にたべてね、っと。
c0023323_8424595.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-04-09 08:50 | 近所の住人

アンコとアンコー

「お帰り~」
バイトから帰ったHちゃんとお風呂の前でばったり会った
「ちょっと待ってて!」
部屋から何か持ってきた
「これ、なに?」
c0023323_7572092.jpg


「紅白饅頭だね!お祝いの時のお菓子よ」
「まんじゅう?中は何が入ってる?」
「餡子よ。」
「これ・・・饅頭・・・食べる?」
「餡子は嫌いなの~?!」(笑)

以前、クリスマスの花火大会の屋台ででスリランカの学生さんに会って、思わず大声で手伝った時、中華まんの担当の人が、みんなにおやつに配ってくれた。その白い歯でにっこり笑ってそっとテーブルの下にあんまんを入れたナヨミ
「ボク、餡子は嫌い!」すっかり我が家に来るのも慣れた頃、きっぱり言ったスムドゥー
スリランカ人は、餡子が嫌いかと思ったら、暑い頃、近所のSちゃんのアパートの電気がついていたので、ちょっと寄ったら、バイトのおばちゃんに貰ったと小豆の寒天寄せを勧められたり


「スリランカにも、あずきはあるけど、塩で食べるの。ココナッツミルクと一緒に食べたり・・・」
「カレーにしたりね!」
初めてA大学の学食でインド定食みたいなのを食べた時、小豆のカレーだった。
その日のバイトのインドの学生さんが作ったものだった。190円位で、小さなカレー2種類と小さなナンが2枚だった。スパイシーでベジなのと値段の安さで5時に学食が開くとすぐに売り切れるから、はやく来てね!と言われて、何度か食べた。あずきはあの時一回だけだったけどね。



アンコには愉快な忘れられない話がある
「ワタシ、アンコ 大好き!」と来て1年にもならないのに、日本語が達者だったトゥシャールが言った。当時デリーの学生さんは、魚を食べなかった。どこかでご馳走になったのね。インド人には珍しくお酒も飲むし、辛党かと思ったのに
「甘くて、美味しいね。お団子とか、あんぱんとか・・・」なんだか話がかみ合わない

「アンコ!アンコー!は美味しい!!」
「あんこう?鮟鱇?か~!?」
[PR]
by stefy3 | 2007-04-09 08:11 | 近所の住人

空模様

クーラーをつけようかと言うほどの梅雨のような蒸し暑い日があったかと思うと、突然真夜中の落雷。
翌日、温泉祭りの日はお約束の雨。
知り合いが前夜の雷で泉源がやられ、今日は無料の市営温泉にはいれなかったわ~と。
晴れれば黄砂とうい、ころころと変わる毎日

           黄砂に霞む西の空・テニスコートから
c0023323_7152071.jpg

         
出かけるHちゃんに
「洗濯物は、Hちゃんのね」っと言うと
「えっ?えっ?今日は、雨は降らないでしょ?」っと
今日も雲行きは怪しいんだけどなぁ~

間もなくパラパラと降り出したので、2階の廊下のポールに下げておいた。
夕方また外にかけておかないと・と思って出たら、Sちゃんが帰って来た。

「お帰り~」
「コンバンワ」・・・まだ明るいんだけど(笑)
「(新入生が)ネパールは6人入った!」
「女の子は?」
「二人♪」
「よかったね!寮にいるの?」
「アパートを探してる。安い所があったら教えて」
「6月にTちゃんがオーストラリアに行くから、一部屋空くけどね~」
噂をすると2階から「Sちゃん、帰った~?」と下りてきた。
待ってたのかしら?

「もうすぐ、新年だね。パーティーがあったら呼んでね!」
「たぶん、ない。けど、他の時に・」
「ディワリとか?」
「ディワリとあと他にも」
「8月ごろ?インドにもあるね」

そこに、またもう一人、お風呂に下りて来た。
「PAちゃんも、久しぶり~」っと。

私が「PAちゃん、バイトはじまったの?」っと尋ねると
受話器をもつ様子をして「ハイ!○クドナルドでございます」
「日出は1日だけ。餅が浜はメッチャ忙しい!」
「御注文はお決まりですか?お待たせしました!」

日本人とネパール人、スリランカ人で、あとはどんな話だったのだろう
洗濯物を干す私のところまで笑い声が聞こえた。

           晴れた日は綺麗な鶴見岳 コート横の畑の花桃と
c0023323_72334100.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-04-06 07:27 | 近所の住人