通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お土産

お父さん学生さんがバングラディッシュから帰って、お土産を頂きました
どうやら、私は甘いものが好きと思っているらしい・・・
ダンナが食べるんですが(笑)


c0023323_757828.jpg


バングラディッシュの”古い”お菓子だそうです。
トラディッショナル?と聞いたらそういいました。オールドタイプということでしょうか

上の茶色と黒いのが カロジャム
白いボールが チャナ
三角のが シャンディッシュ と教えてもらいました



ちょうどインド人のカップルが来たので、
「ねえ、インドのお菓子とよく似てるよね~」と

カロジャムは グラブジャムーン
ドーナツのようなののシロップ漬け
シャンディッシュは サンディッシュ
チャナは バルフィーに似てるかな~ちょっと違うけど

白いのは粉っぽい食感ですが インドのお菓子のような強烈な甘さやにおいがなくて、どれも日本人好みのように思えました
私はとても美味しく頂きました

ラディアちゃんはお父さんにしがみついて離れず、お母さんも肩の荷が下りたのか、心底さっぱりとした笑顔に見えました



翌晩、タッパーを返しに伺って、Jojobe(Date、なつめ)を頂いてきました
青いのと、茶色いの。
茶色いのは、なるほど魅力的な香りでした
食べると、「納豆?!」
そうそうっと、また爆笑でした。
[PR]
by stefy3 | 2007-02-26 08:14 | 近所の住人

City Girl 2

休みの日、退屈してるラディアちゃんと疲れているお母さんを連れ出して児童館に行ってみた

ちょうどリトミックの時間 あちゃーー
人見知りの激しいラディアちゃんは、お母さんにしがみついて離れない
保母さんがカスタネットや鈴を配るけれどさらに顔をうずめて固まっている
外の滑り台も砂場もダメ。

c0023323_624272.jpg
「じゃあ、
Y○MADA電気に行って
そのダンナさんの言う携帯を
見にいこうか」っとダンナ。


Y○MADAゲンキ!
H○ヒロセ!
ボチボチ!


「分かった!分かった!
ラディア、お町のおじょー様だから、
スーパーとかお店の方がいいんだ」
お母さんも苦笑いで、そうそうっと。








しょうがないので、昼ごはんに帰った

c0023323_6302134.jpg
お母さんの作ってきてくれた人参入りのパニッシュも一緒に

ビデオを見て・・・
慣れたところだとゲンキなんだけどなぁ~

c0023323_6312067.jpg
その後、3歳児検診に連れてったダンナ
翌月、御主人が帰ってから一緒に行ってもいいと保健婦さんには聞いていたんだけどね
行くとこもないから~

「やっぱり御主人と一緒でも無理だったわ。
三種混合はいつしました?
目とか鼻とか分かります?
しゃべりますか?とか

知ってる先生でさ、押さえつけて口開けてダッシュで歯科検診してもらったよ。



でさ、帰りにオレのことずーーと睨んでるから、マ○ショクに寄って機嫌直して送ってきたよ。」

ダッカのお嬢ちゃん、あと半年の辛抱ね(笑)
[PR]
by stefy3 | 2007-02-24 06:59 | 近所の住人

City Girl 1

腱鞘炎で病院に行ったPちゃん、その後どうかしら?っと様子を見に行った
半分は居ない春休みのアパート
c0023323_691797.jpg



会社説明会の帰りらしいお友達が来ていた

「どーなるかな~ 怖いなぁ~」とPちゃん
「大丈夫よ!みんな就職して頑張ってるじゃない。
2~3年日本で働いてみたら
Saritaも、Tusharも、2年頑張って帰ったんだから」

「何で帰った?」
「インドは24歳位で結婚でしょ?」
「スリランカは、もっと遅いよ~今は30歳位まであるよ~」
(笑)
「家によるね。両親が結婚させたいのよ。
新聞に 私の息子は、こーんないい大学を出て、こーんないい日本の会社で働いています、ってね(笑)」

「妹が帰る時、兄ちゃんはここだったらまだ大丈夫。東京でもOK。
でも、あそこはダメだったって・・・田舎だったからかね~」

「ここより田舎?みんなは、ここはすごーく田舎って」
「ん~ここも田舎だけど、歩いて遊びにいけるところに友達が沢山いるじゃない?
国の言葉で話せる人が沢山いるじゃない?日本人の知り合いも沢山いるじゃない?
仕事が終わって、毎日9時10時。帰りにコンビニでご飯を買って・・・帰ってインド料理食べたいじゃない?」

「SaritaもTusharも、デリーで生まれ育ったからね
ここは田舎でしょ?」
っと東京の高校から来たケルラの学生さんにうながした。
「Saritaね、博多に一緒に行った帰り、別府はド田舎~って言ったわよ!」(爆)

「私たちは大丈夫♪」とスリランカの学生2人
「そうよ、今はもう沢山の先輩が働いているからね!」
[PR]
by stefy3 | 2007-02-24 06:18 | レトロなアパート

先生は3歳

「チョコレートケーキ、ちょっとラディアのところにおいてくるわ
30分位、遊んでくるかな」

お父さんが国に帰って、今はお母さんと二人でいるバングラディッシュの方のアパートに


「こんばんは。元気ですか?」っと迎えてくれました
お土産に持っていったのは、新聞に入っているチラシ

鶴を折っていると、待ちきれずに手が出ます
「ちょっと待ってね~」と言うと、上手に繰り返します

お母さんが
「私は日本語全然だけど、ラディアはしゃべるのよ!」
「ロー○ン、ヤ○ザキ、マ○ショク、コ○モス・・・・」
・・・みんなお買い物に行くところじゃない。。。。

ケーキとプリンを出してくれました
あれっ”プリン、作ってこなくて良かったよ・・・汗;

写真を撮りたいんですが・・・じゃま!
c0023323_743497.jpg


「stefy-san!stefy-san!」
お母さんが何か欲しいのがあるとか、お茶を入れてくれるの見たいんですが・・・
悪ガキ 本領発揮か・・・慣れてきたのか・・・

チラシで折り紙♪・・・待てません。。。
「フリーズ!」
なになに??冷蔵庫?
「じゃあ、これは?」   「ガジュ!(人参)」 ほ~~
「これは?」  「ドォード!(牛乳)

「ビッチェ!(ベッドor 布団)
「ドーディ!(ヨーグルト)」
「チャ!」  
ヘッ?チャ??
お母さんが、紅茶はチャ。日本とおんなじ っと。

じゃあ、この前のインドのKheerと同じのは?
「フィンニンとか パニッシュとか」
へ~~~

「ラディア、じゃあ、コレは?」
「ドルフィン!ストロベリー!」 英語じゃん。。。。


ボートはノーカ
ノーカに鶴を乗せて行くと、落ちる。
「Help!だよ。助けて~」って
「助けて~~」
パソコンも画面が変わっちゃったよ。「助けて~」(笑)

チラシで鉄砲(振り下ろすと、パンっと大きな音が出る、アレ)をすると きりなくさせられます

2時間も経っちゃったよ。そろそろ帰るかな
「今度来る時は電話してね」
あらっ”やっぱり迷惑だったかしら?

「きっと帰ったら泣くの。昨日来るかと思って泣いたの。朝起きたら、パパーって泣くの。だから、昼間は外に出てるから・・・ラディアはあなたが好き」
いや、私は好きじゃないかも・・・汗:::
お母さんもまだ22歳


じゃあ、電話してからバングラディッシュ語のレッスンのお礼のお弁当 届けなくっちゃね
きっと言うよ 「おにぎりー!ストロベリー!おいしいね~!」
c0023323_7572481.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-02-16 08:00 | 近所の住人

初めて東京へ

友人から頂いた大きな白菜と出来たてのマーマレードのおすそ分けに叔母の家に

木戸を開けると温泉の前にネパールのSちゃんが立っていた

c0023323_5544986.jpg


人を待っているのかしら?
叔母の家のドアに手をかけたけど、振り返って聞いてみた
「ねえ、白菜 食べる?Chinese cabbageっていうの?こんなの」

「私 たぶん 東京に行くと思う」
「なんで行く?」
「船」
「フェリーで大阪まで行って、電車かバスで東京までね。二日かかるね」
「早いのは・・?」
「飛行機なら1時間位よ。ただ、空港までバス代がいるけどね」
「・・・うん・・・」
「東京には友達か親戚が居るの?」
「うん・・・バイトも*****」

「初めて東京に行く?」
「うん・・・」
「東京にはネパリが沢山いるよ。ネパリのコミュニティーも。女の子も・・」
ネパールも女性の学生は少ない。

「何歳だっけ?」
「21」
「飛行機が安くなるのがあるの。何歳までか見てくる。ちょっと待ってね」

ダンナに聞いたら、来て、大まかな飛行機代、フェリー代など早口で言って戻った

「もし行くなら、冷蔵庫のコンセントはいいけど、他のコンセントは抜いていってね」


夕方買い物から帰ると、ダンナとスカイメイトやバスの料金表を見ていた
「今日は延期するって」とダンナが言った
Sちゃんの表情は朝と変わらずちょっと暗い

「天保山までフェリーで行って、バスはどこで乗るか知ってる?
「う、、、うめ・・・・」
「梅田。お友達に聞いて知ってるのね」
ここでバイトのないネパールの学生数人はすでに休みに入ってすぐ東京に行った


夜帰ったダンナが、多分明日行くだろうな~と

私は
大丈夫!Sちゃん位日本語が話せたら!
もし、何かあったら、私のようなオバサンに道を聞くのよ!(笑)
っと、朝の別れ際に言ったような

ずーーっと前、日本語検定に初めて福岡に行く心配そうなインドの学生さんにも同じことを言ったなぁ~(笑)
[PR]
by stefy3 | 2007-02-15 06:06 | レトロなアパート

レトロなアパートのBaking

計りを貸してくださいっと、Aちゃん、Nちゃん、T君
今からクッキーを焼くと
「居るなら、パン生地 こねて持っていこうか?」
先日、バイクでこけたNちゃんの様子を見に、焼きたてパンを1個持っていったら、焼いてみた~~い!というので、イーストで、卵の入った少し甘い生地 1斤分をプレゼント


クッキーを焼いてるコタツのテーブルをちょっとお借りして、分割、ベンチ、成型
レトロなアパートの日本人の暖房設備は コタツだけ(笑)
留学生の部屋は、11月から石油ストーブかファンヒータもありますが

あいてるまな板に、薄力粉でいいよ、打ち粉、粉を振ってね、
その上に、生地を出して、包丁で、スケッパーの代わり 
この面を表に簡単に丸めるの。10分位濡れ布巾をかけておいてね

布巾がない?タオルはだめだね~ケバケバが付きそう
バンダナかハンカチは?ない?T君、ハンカチもってたって?それでいいわ~(笑)


麺棒なくても、手で平たくして、表面が ツルッとなるように包み直して
張らせる様にして、手の中でころころさせたらいいよ。布巾をかけて、ラップをしておいてね


2次発酵がそろそろ終わるかな?
c0023323_7235588.jpg

・・・まな板の上に置いちゃったか~(笑)

c0023323_7342060.jpg


c0023323_735133.jpg

おおーっ!
近所のパン屋を越えたかも!・・・などと勝手なことを言ってます。。。

ちょうどTちゃんが入ってきて
Nちゃん「今から?」
Tちゃん「○TB」
     「・・・スーツ着てかなくて いい?」
     「プレゼンは明日・」

Aちゃんも、翌日夕方に、行ってきまーすと就活を兼ねて帰りました
もう少しで、日本人学生さんは皆さん就活で東京に大阪に、そして実家にと帰ります

バレンタインのクッキー、美味しく頂きましたよ
c0023323_7464834.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-02-10 07:55 | レトロなアパート

かろやかに

イミグレーションの帰りに、
「もう授業は全部終わったから 帰るの」
と インドの学生Niちゃんが寄ってくれました

「私 日本代表よ~」
と言うだけあって、流暢な日本語を話します
夏休みに ドバイで仕事も決まったので、会うのは最後かもしれません

いつも気になってもすぐに忘れてしまうあれこれを教えてもらいました

一番はサーグとパラックの違いでした
もう一つはキーマカレー
娘がキャンプの時、「どこを食べてもお肉がある!」(笑)
と、帰ってから何度も言うので、ひき肉とジャガイモなどを入れて作ったりしてるんだけどね
インドでは、合びき ないよね~チキンか??
c0023323_7331570.jpg


「マトンだよ。」
そーか~~インドはマトンだったね~
昔北海道から取り寄せたマトンのビリヤーニ、御馳走になったことがあったわ~

「これね、ハングヨーグルトとバナナのケーキ」
「ハング?」
c0023323_7334578.jpg

「hang?じゃない?水切りヨーグルト」
「あ~インド語でも、水切りだよ」(爆)


スーパーの階段でこけたと聞いて、あわてて病院に行くと、
「1分で救急車が来たよ!インドではないよ!」
と驚いていたのも懐かしい

おしゃべりの間にオマーンに住むお母さんから
ドバイのビザが下りたと電話があった

「残念だね。こんなに日本語上手になったのに・」
「もう、日本はいい 笑」

バナラシから 日本 ドバイへ
「ドバイ、日本と違って経験が大事だからね。今の会社に慣れたら、違う会社に行く」

日本での苦労を自信に変えて かろやかに去っていった

もちろん身に余るお礼の言葉を残して

卒業式に帰って来たら、お母さんやお父さんも来たら
また 一緒にご飯を食べようね
[PR]
by stefy3 | 2007-02-09 07:46 | 近所の住人

Curryは二種類

同じアパートに住むベトナムの4年生とインドの双子の1年生
一緒にご飯を食べようと誘って半年、
やっと春休みになって、みんなの都合が合いました

ベトナム料理も美味しいですが、インド料理は時間がかかるので、学生さんも普段はなかなか作れないかな~と思い、Curryにしてみました

激辛と辛くないのと同じカレーを2種類です

インドの学生さんに味見してもらうと、「チリをもうちょっと・塩ももうちょっと・・」
(やっぱり。。。。)
ベトナムの学生さんに味見してもらうと、「辛いけど、挑戦してみたい!」(笑)
mixしました(笑)

バスマティーと日本のご飯とどっちがいい?
一年生は「バスマティーチャワル!」
これが、4年経つと、結構日本のお米のほうが良くなったりします(笑)

「タイのご飯のようなのですが、どっちがいい?」
ベトナムの学生さんは「食べてみたいです!」

かくして・・・

c0023323_5274716.jpg

チキンとジャガイモのcurry
ゴビcurry(カリフラワーのカレー)
ライタ
ショートパスタのケチャップ和えチーズ焼き
ほうれん草の胡麻マヨネーズ和え
グリーンサラダ
ハングヨーグルトのバナナケーキ

ベトナムのRちゃんはライタ(塩味のヨーグルト)は初めてで、とっても気に入りました
塩味のヨーグルトは南アジアから中東にかけて結構食べられてるのよ~

インドの学生N君は、少し遅れると夕方に電話があり、
Rちゃんも、7時10分の電車で帰るから、7時半には必ずっと電話があって、
少し遅れたけど、とても気持ちのいい方々でした。

Rちゃんは、ベトナム語のいくつもの「ア」の発音を何度もやってくれて、とても真似できそうもなくて、面白かったです

貴重なお土産は・・・
[PR]
by stefy3 | 2007-02-07 06:04 | 近所の住人

Kheerにこめて

小雪のちらつく中、バングラディッシュの学生さんが届けてくれたkheer
c0023323_7281032.jpg

大学はそろそろ2月、3月の春休み
国で農業関係の公務員の彼は、一人帰ります


先日も夕方に来て、変圧器のことなど聞いていましたが、どうも自信がないようなので、休みの日にダンナと買い物に。
電気屋で変圧器、携帯用の蚊取り線香、
業務用の食材屋でハラルチキン
ディスカウント食材屋で 粉6袋
ホームセンターで、なんと激安(にして頂いた・笑)ランドセル!!
ダンナは、「なにが、電気屋にだ~!いろいろ連れて行かれたよ・笑」と。
もちろん、体重計も貸してあげました
帰国する学生さんはトランクに詰めるだけ詰めて帰りたいので


心配は残る奥様と娘
お友達の奥様も泊まってくれるらしいけど、
「stefyさん、時々元気?って電話してくれる?」って
行った方が早いわよ~
女3人で、いや、娘さんと4人で楽しくやるわよ~

帰り際、高速バスの予約もしてなくて、あわてて電話して、帰りも予約がいるので、帰国前に知らせてくれたら、ダンナが電話をすることにしました
しかも、朝5時半のバスなので、タクシーの予約も(笑)

ダンナはいつも、
「お前は、公務員がいいよ」っと(爆!)



頂いたお米のスイーツ、バングラディッシュの名前はなんていうのかしら?
甘さもカルダモンの香りもほどよく
アパートにいた Nちゃん、Pちゃん、Aちゃんの彼と分けっこしました

長い春休みの始まりです
[PR]
by stefy3 | 2007-02-02 07:47 | 近所の住人