通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レトロなアパート( 133 )

卒業式の朝

c0023323_7221992.jpg

お友達が迎えに来た所をパチリ
アオザイは会場で着替えたようです。残念
卒業したら、ハノイの空港で働くとか

c0023323_7255294.jpg

ベトナムの豚ロースハム

c0023323_7311376.jpg

こんな風に包んでありました

c0023323_7274183.jpg

ヌクマムぷんぷんの揚げ春巻きと春雨

ハノイも行ってみたいです
[PR]
by stefy3 | 2010-03-13 07:33 | レトロなアパート

ペットボトルキャップ

アパートの廊下に置いたエコキャップの箱

2月から、市のリサイクルセンターでも回収が始まったので、持って行きました

c0023323_7242052.jpg

箱から出して、ゴミや汚れの強いのはよけて
洗って、シールをはがし、乾かします


1,8キロありました
キャップ400個で約1キロ
800個のキャップでポリオワクチン1人分

アパートには協力の感謝と、また新しい箱を置きました
[PR]
by stefy3 | 2010-03-11 07:30 | レトロなアパート

春休み

休日の朝、バス停に普段見ないほど大勢の学生さん
ちょうど大学に行くバスが来る時間だったよう
休みに入って、集中講義や特別講座があるのだろうか

デパート前の高速バス乗り場には、大型スーツケースを持つ学生さんの列
町の新しい風物詩
3月になれば、ピカピカの新入生が、また大きなスーツケースでやってくる

近所のバングラディッシュの食材屋さんも、今度はレストランをやりたいと
「東京に行ったの。4月まで。
かあちゃん、留守番してて、って」
となにかとお世話をしている日本人のおばさんが店番


アパートの学生さんも帰る
一人は福岡の自宅へ

金曜の朝、最後の試験を終え、
午後にはお父さんへのお土産の血圧計を買って
翌朝のハノイ便で
今回も「一緒に行こう!」と誘ってくれたLちゃん

新しい入居の学生さんも、
いつかの日本ベトナム友好協会のおじさんの軽トラで荷物を持ってきた
今度の学生さんも優秀な人なのかしら・・
おじさんの話では、今度福岡にベトナム領事館ができるそうで、
「前にも、ほら、なんてったか、1番の学生さんがここにおって、あの時にきたから」
ベトナムの興味のある方、関係のある人ならどなたでも、
23日、領事も見えられるイベントに来ませんか?と
へ~すごいですね、と言うと、ここの大学でも250人位いるから、と

ちょうどビデオの編集、チラシ作り、ブログの仕方など
毎日のように来ているイランの学生さんのGFのMちゃんが、
ミニスカートにロングブーツなのに、軍手をして身軽に手伝ってくれた
新しい学生さんは、終わってお礼を言いに寄ってくれて、
明日の便でベトナムに帰ると

アパートの学生さんも3人が日曜の朝のホーチミン便で帰った
旧暦のカレンダーを見ると、14日がテトだった

アパートに何人残っているのかと思っていたら、
中国の子が出てきて、お正月に帰ったから、今回は就活で帰らないと
マレーシアの子は?
もう帰ったよ!

昼近く、もう一人残っている学生さんが、国に帰ると言って来た
その学生さんは、
「もうここは終わったから、イギリスに行く」
と言っていたので、決まったらすぐに教えてね、
次に入りたい人が来てるからと何度も言っておいた
帰るって?
1セメスタースキップすると
じゃあ、9月に帰った時、アパートの部屋は空いていないかもしれないけどいいのね
言いにくいけれど、
日本は(日本ばかりじゃないと思うけど・)
お部屋は借りた時と同じように綺麗にして返すのよ
夕方5時に出るまでに・・・はい

やっぱりそんな事はできなかった
後はいらない・・・スーツケースに入れて持っていく以外は・・
思い出すのも、言葉にするのもいやなくらいの状況だった
カーテンも絨毯も、何もかも捨てた
畳みも3枚はダメで、キッチンの床も張替え
天井も、以前その部屋の上の部屋にいた時、
管を詰まらせて漏ったので、応急処置をしただけなので、今回は張り替えると
とにかく、いっぺんに帰ったり、出たりしたので、ゴミが大量だった

ダンナは9月の戻る前にメールをくれたら、
部屋が空いてるかどうか、入れるかどうか知らせてあげると言っていたが、
私は、戻るかどうか・・・
ここに来たときは、リュック一つと、紙袋2~3個だった彼女だった
国に帰るにも、私があげたお古のTシャツだった・・・
3月には恋人の住むイギリスに行くとか
戻っても、6ヶ月の就活で、日本に就職できるのか・・・

バタバタ過ぎて、テトのご馳走の写真を撮ってきてと頼むのを忘れた
[PR]
by stefy3 | 2010-02-11 07:25 | レトロなアパート

ストレスと ラブレターと

天空祭も終わったある朝、バイトから帰った学生さんが
「あっ、今日から2~3日友達が帰って・・泊まっていいですか?」
いいよ~誰が?
「京都・・滋賀から・・」
春先にいた居候ちゃんね、はーい

数日後の夜、ケーキを焼いてもって行くと、もう帰ったと
あらっ、会いたかったわ!と言うと、
「早いけど・・帰りたかった・・」
えっ?急用かと思うと、【ここに帰りたかった】と言う事のよう

今年最初の寒波が来るので、冬支度やこたつの用意はできているか見て回った
「彼女は・・でも、何も言わないで帰ったよ・・」
何か、少し疲れたかな
「ストレス」
仕事が大変?
「仕事だったら・・人間関係」
「でもね、弟の学費もあるから、ベトナムには帰れない」
そう・・・そんなことだと思った
ここに突然来た後、みんな会社を辞めて国に帰っちゃってるんだよね~
でも彼女は帰れないんだ・・・
Tちゃんが卒業しても、またここに遊びに来るように言ってね
学園祭に出店で帰って来たスリランカの卒業生も、
うれし、恥ずかし・でも、先輩が車を止めている間に走って会いに来たと後で先輩が教えてくれた

「彼もストレスで・・今は手紙をたくさん書いてあげる」
彼??どこにいる?
「ニャチャンって知ってますか?」
ニャチャンくらい・・有名よ!Aが同じベトナム人なのに、騙された海岸でしょ?(笑)
「なんでも知ってるね!(笑)  軍隊は・・大変・・・」
そう・・12月にベトナムに帰ったら、いっぱい会いに行って話したらいい
チャットもスカイプもある時代なのに ラブレター・・・
日本人が忘れているものを持っている
若いのに、大家族で育ったせいか、バイトから帰って寒いのに、
デイサービスのお迎えを待つ叔母に向き合って話して一緒に待ってくれたりする
私たちととおしゃべりするより、ラブレターの続きを書いたら?とからかう(笑)


最近、バングラのお店ができたおかげで、バングラの学生さんとたくさん知り合った
二十歳を過ぎての大学1年生は、以前はIT関係の仕事や勉強をしていたとか、テキスタイルの勉強をしていたとか、医学部に行きたかったんだけどとか、さまざま
もう少しでバングラディッシュウィークがあるので、ある時来た3年生になる学生さんにビデオを撮りたいから、席を取ってもらえないかと話すと、
何度も何度も大学に来たら、列に並ばず、まっすぐホールの入り口に来て、僕の携帯を鳴らすようにと念押しして帰った
オーストラリアにいるアザド一家、バングラに帰ったメジバ、ラディア、ナディア、ファルファナ・・・みんな喜ぶよ

「バングラも・・・いい子が多いね」とダンナ
いえ、知り合った子はね(笑)
インドともスリランカとも、ベトナムとも違う、貧しい国の一生懸命さでしょうかね
c0023323_2303637.jpg

[PR]
by stefy3 | 2009-11-05 02:37 | レトロなアパート

2009初秋 レトロなアパートの周辺

近所の大学の秋の入学式もすんで
シャッター通りになりつつある町にも学生さんの姿が増え
新学期が近づいたなぁ~と思わせます

夏休み、アパートの学生さんは、国に、ホストファミリーのお宅に、友人の住む横浜に、韓国に遊びに出かけ、もちろん他はバイト三昧

ビックリしたのは、アパートに住む中国のご両親からメールが来て、
「disappear!」とあって、
数日娘さんから電話もメールもないんだけど、頼るのは私たちだけ・・とか
日本人の親御さんなら3年目に入る大学生の子と数日連絡が取れなくなったと騒ぐかな~と
中国の小皇帝とやらを感じさせられました
どちらにしても、お友達の所に行っていたと言う事で連絡がついて一件落着

近所のハラルショップから電話で
大学院に入ったスリランカの2家族(お子さんもいるとか)と、ネパール人と日本人カップルがアパートを探していると奔走させられたり(笑)
10年たっても、日本の家賃は高くて、不動産屋を通さず探したいのは一緒でした


卒業前にアパートを引き払い、国に帰っていて、戻ったら友人・知り合いのアパートに転がり込んで、卒業式に出て、就職する都市へ
それも一緒で、1ヶ月いとこの部屋に居候していたベトナムの学生さんも名古屋に

でもね・・・
c0023323_938582.jpg


アパートの住人ではありませんでしたが、お別れ会をしてよかったです
c0023323_942610.jpg



商店街の秋祭りの会議も最後になりました
ここは国際交流の先進地域・・・だそうで、視察団がきたり
後は、10月10日の本番を待つばかり
詳細の決まってない所もあるし、
私が受け持ちの屋台も、あと一つ返事待ち
今年はあてにできる学生さんが少ないので
市営団地の4階に屋台の出店者を探しに行き
マラウイからの学生さんにも初めて会いました
Where u come from?
って私が聞くより先に、あちらが、アンタは誰?って最初に聞きたかったと思うわ・笑



屋台も、フリマも、パフォーマンスは卒業生でプロの三味線の方、留学生、乗馬も、ニータンも、今年はトリニータの森○選手も来るかも
ダンナの昔の写真展も、新聞社や地元企業から写真をお借りしたり・・・

晴れたらいいなぁ~
c0023323_9564924.jpg

[PR]
by stefy3 | 2009-09-28 10:11 | レトロなアパート

花火と浴衣

ベトナムの学生さん
c0023323_6321181.jpg



マレーシアの学生さん
c0023323_6323659.jpg



中国・広州の学生さん
c0023323_6325956.jpg



中国・南京の学生さん
c0023323_6331985.jpg



叔母の家の玄関横の部屋を借りて着付けをしました
「いいでぇ~!空いてるんだから いつでも使って」と掃除機をかけてくれます
学生さんにアイスクリームを買って待っていました
ペースメーカーを入れ、腰の曲がった叔母が、お盆に載せて運んできます
「可愛いね~綺麗だね~」と褒めてくれる人がいるだけで嬉しかったのですが(笑)
c0023323_6333681.jpg

[PR]
by stefy3 | 2009-08-02 06:43 | レトロなアパート

5時49分

娘のお弁当を作るようになって早起きしている

毎朝5時49分にスクーターで出る学生さん
ホテルでバイトしていた他の子たちは、今はないとか

はやいね、と9時前に帰って来た彼女に言うと、
「お母さんは、もう少し早く起きてるね」と

なにもできないけどね、こうしてそばにいる事が、神様がくれた仕事

ダンナの【Duty job】(本人曰く・笑)
こちらに学生さんからお国のご両親に と動画

こちらにも
100本以上あります
時間と興味のある方、ご覧下さい


c0023323_7435290.jpg


             
[PR]
by stefy3 | 2009-04-28 07:47 | レトロなアパート

カレーリーフの木とスリランカカレー

夏日を記録した日、
一冬室内で過ごしたカレーリーフを外に出した
スリランカ人の笑顔の秘密の真っ白な歯を作るカランピンチャ
葉っぱはずいぶん落ちてしまったが、
新芽は日差しが気持ちよさそう

c0023323_701460.jpg


休みの日帰ったら、ドアにかけてあったタイのお土産の中に
ココナッツのパウダーがあった
成長した彼女に会いたかったなぁ

c0023323_783381.jpg

スリランカのチキンカレーを作った
ご近所さんに我が家の辛さのカレーを食べてみたいとリクエストされていた(笑)
グリーンカレーにしたかったが、
バイマックルやスウィートバジルが手に入らない
そもそも、ココナッツミルクパウダーも、近所のスーパーにはないし(笑)

冬の間落ちたカレーリーフをたくさん使って

c0023323_711673.jpg


半分をご近所さんに届けると、
カレー好きの家族の彼女の家もカレーだった(爆)

残りを食べて、少し残った
また、食べる?Cちゃんに持っていっていい?
「いや。それがいいよ」とダンナ

持っていくと、夕飯は済んだと言う
じゃあ、味見だけしてみてよ!スリランカ人なんだから(笑)
塩加減は?・・・もうちょっと・・・
辛さは?・・もうちょっと!
ココナッツミルクは?・もうちょっと・・・でも美味しい!

そう言って、スプーンを持つ手で口をぬぐう笑顔は、心底嬉しそうだった

少し前、「今日家賃2か月分入れた。ありがとうございました」と言われた

まだ授業の始まらない今、昼前に帰って来た彼女は
笑顔でホテルの朝のバイトから帰ったところと
今日は工場のバイトがないから、と・・・
一つ乗り越えた
[PR]
by stefy3 | 2009-04-10 07:26 | レトロなアパート

ベトナムコーヒー

先日の「コーヒースキカ?」は、こういうことでした

c0023323_747438.jpg

「ヤーライのコーヒーはチョット違う!」
って持って来てくれたよ、と(笑)

他にもキッチュなパッケージのお土産など
[PR]
by stefy3 | 2009-04-06 08:00 | レトロなアパート

30日に帰ります

ベトナムに帰った学生さんの4人が
30日に帰ります
と言っていたので、せっかちなダンナは
早くから、せかします(笑)
一度お部屋の窓を開けて
布団乾燥機をかけておきました


・・・帰りませんでしたね・・・

ハノイを30日に出て、こちらにつくのは31日って事かしら?と
その晩は休むと、翌朝、
「そうそう、夕べ11時過ぎかな?
【お父さん、鍵かして!】って帰ってきてさ、
スーツケース運ばされたよ!」(爆)


そんなことで、昨晩、お土産を持ってきてくれました
「お母さん、気に入るか・・・」
薄暗い玄関先ですが、袋の中に綺麗なベトナム刺繍が見えました

もう一人、新しく入った方はベトナムのお茶
ベトナムのお茶も好きですよ
「コーヒーもスキカ?」
えっ? 好きですよ
「ソウカ!」

・・・なーなーいいん?

そすると、1年前に来た時は、
日本語も英語もなんだか通じん!とダンナが頭を抱えたLちゃんが、
「いい!いい!」
と余裕で笑っていました

c0023323_739291.jpg


3人しか帰りませんでした
で、Tちゃんはいつ?
「はつか?」
にじゅう日ね
「いえ、はちにち!」
ベトナムで、日本語は忘れました~とメールをくれた学生さんですが、
最初の玉ねぎ剥きのバイトから、
「私がオムレツ作ってます!」と昇進?し
最近は日本語で冗談も言えるほど
バイトも難しい外国語も頑張っています
[PR]
by stefy3 | 2009-04-02 07:42 | レトロなアパート