通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

思い出に変わる時

祭りが終わって1週間が経った
ご近所から借りた鍋も返し、あとはリヤカーが残ってるだけ
c0023323_649093.jpg

二晩は、ダンナも私も不思議と眠れず、
おととい腰をひねって、夜中に足が攣って、マッサージに行って
いつもより長くしてもらって、やっと終わった気がした と言ったら
「アンタ、学生さんと一緒にゴミ袋持って走っとったけん!当たり前や!」と友人(笑)


少し遅く行った打ち上げで、
私のテーブルは、佐賀、横浜の学生さんと一緒だった
c0023323_6493911.jpg

手伝ってくれた学生さんも、
熊本、京都、埼玉。高校生も坂ノ市からの子
岐阜の子も、新潟の子もいた
「僕、企業にいたんで・」って子もいた
地域を動かしたのは、まったくもって「若者・馬鹿者・よそ者」

これは 先日の外国人による日本語弁論大会のサミ君のスピーチタイトルですが、
8月の九州創発塾で、慶応大学の金子勝先生も
地域の才能や資源を呼び起こし、活性化の合言葉は
「よそ者、ばか者、若者」で、閉鎖性を打ち破る事が重要と基調講演されてました
言うは易し・・・
今までも、近所の大学のご縁で、いろんな先生の話を聞いたなぁ・・・(笑)



「でも、本当に、ないっスよ、こんな繋がり、僕の実家の埼玉じゃ・・・
義務でしかないっスよ」
そう言い放す彼の目にひかるモノがあった・・・
都会は、そうなのかな・・
私だってさ、学生さんが頑張らなかったら、こんなに深入りしなかったし
よそ者のまんまよ(笑)


泣くヤツがいたり、食らいつくのがいたり、絡むのがいたりの打ち上げも終わった翌日
高校にお琴を返しに行く車の中で
「あれから、大学生はカラオケに行ったんですよね・・・」と
さすがにそこはさっさと帰されて寂しそう・・・(笑)
そっ!来年どこの大学に行ってもガッツリ手伝ってね。
でなきゃ、今年手伝った意味ないからね!醍醐味は味わえないよ!(笑)

記憶は時間のフィルターでろ過され、清浄で甘美な思い出に変わってしまい
いつまでも いつまでも 濃縮された残り香を放つ 


ちょっと失敗もあったけど
c0023323_655477.jpg


楽しかったね!!!
c0023323_6551852.jpg

[PR]
by stefy3 | 2008-10-18 07:17 | 近所の住人