通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

Xoi vo 緑豆入りココナッツミルクおこわ

昨夜作って、学生さんと一緒に食べたXoi vo
c0023323_62436.jpg

ちょうど来ていたLちゃんのいとこのお姉ちゃんによると
南の方の作り方だそうです
「南は、何でも甘いの!」
彼女達ハノイのXoi voは、お砂糖を入れずにそのままか、塩味だそうです

楽しみにしていたTちゃんは、
相棒のWちゃんがホームステイで、一人でご飯を食べる所でした
「すっげーっ!」(笑)
「ニオイが、そうっ!」
蒸したもち米の匂いが郷愁を誘うのでしょうか


作り方
●ムングダル(緑豆の半割にして皮を取ったもの)を半カップから1カップ
洗って一晩水につけて置く
(急ぐ時は、お湯につける)
●水を替えて、柔らかくなるまで茹で、
ザルに揚げてお湯をきり、
ボールに入れ替え、すりこ木や麺棒で半分位つぶす
●うるち米1合は30分前に研いでおく
もち米2合を研いだのとあわせて炊飯器に入れ
おこわの水の分量か、少し少なめで炊く
●炊きあがったら、好みの量の砂糖と半つきのダル、好みでバターを少し混ぜて出来上がり


c0023323_6464768.jpg緑豆は、アジアでよく食べられていて、
台湾で働いていた友人は、
お腹の大きな時に、温かいぜんざいを食べていました
マレーシアの学生さんは、ロンガンをいれた冷たいぜんざい、
スリランカの学生さんは、アイスをのせてご馳走してくれました




c0023323_11302512.jpgミルクライスは、ミャンマーの学生さんや、
スリランカのお母さんに御馳走になったことがあります。

c0023323_11315442.jpgキリバスは
辛い玉ねぎ炒めなどを混ぜていただくお祝いの日の一品です


c0023323_6452028.jpgインドでは、
お粥のように柔らかく炊いて、
カルダモンの香りとアーモンドなどで飾ったキールは
デワリのデザートでした
[PR]
by stefy3 | 2008-09-24 06:54