通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

医療センターの看護婦さんは、凄い

休みの日に買い物から帰ると、見慣れた軽自動車が止まっていた
先日、娘の卒業式で来日していて一緒にご飯を食べた学生さんのお母さんが入院してICUに入っていると言う
息子は入院費用が心配で相談に来ていた

学生や職員さんなら日本の国民健康保険に入っている(時には、払ってなかったりするけど・)けど、旅行者なので、大学も、市役所にも電話したが・・・難しい

ダンナは、それから病院に行ってドクターからの説明を、また学生に詳しく伝えたり、ソーシャルワーカーと相談したり


糖尿が悪化し、胃から出血もあるらしい
「月に1度は病院に行ってたのに・・・」と言うが、
日本でなら週に何度か透析をする位の状態
アパートにいる学生さんが
「スリランカの病院は一度行っては直らない
ボクも日本に来てすぐに耳が悪くなって、手術以外にないと言われしたけど
スリランカでも何度も病院に行って、薬が出ただけで、手術は言われなかった」と

ともかく、私も病院に行ってみた
近所の医療センターの入院病棟は
この6月新築して引っ越したばかり
綺麗な個室に移っていた

私と入れ違いに、
バイト帰りのアパートの学生さんと大学院のご夫婦が帰って
子どもさんとお父さんが戻るまで、10分位と聞いたので待った
娘もビザを延長してきた
自慢の娘の卒業式を見たかったんだよね


点滴がすぐに詰まってしまって、ブザーが鳴るたび
目の前の看護婦さんが飛んできてくれる
看護婦さんは、お母さんとコミュニケーションをとるために
シンハラ語を用意してくれた
c0023323_640912.jpg


c0023323_6404565.jpg


切抜きの絵も貼って
こんな紙が10枚近くあった
もちろん、ドクターもソーシャルワーカーも、
みなさんはやくよくなってスリランカに帰れるようにと・・・
c0023323_6445511.jpg



私は何にも出来ないんで、
とっておきのバスマティーでスリランカのイエローライスと
ムングダルのダールを作って行った
もちろんお母さんは食べれないけど
c0023323_6481495.jpg


バイトを変わってくれてるアパートの学生と、
同じスリランカの毎晩工場にバイトに行ってるCちゃんと
今夜も秋祭りの作業の帰りの
イギリスにいた時にインド料理を食べてたと言うN君と
また、ストリートチルドレンの話を聞きに来た高校生と
話をしてくれるベトナムの学生さんと
みんなで分けた
お母さんの回復を祈って・・・
c0023323_652227.jpg

[PR]
by stefy3 | 2008-09-11 06:54 | 近所の住人