通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

ラマダーンふたつ

朝晩は涼しくなったけれど、
また日中は夏の日差しと蒸し暑さが戻って、
テニスをした晩はエアコンをつけて寝た日
ラマダーンが始まったらしい


長袖に淡い紫のスカーフの後姿は
明らかに異国の人
その後姿に声をかけた
ラマダーンがはじまったね・・・
モスリマは
「今日はふたつ」
日差しが眩しいのか、目を細めて、指を2本たてた
長い断食がはじまり2日目だった

来年は、もっと早いから・・・日は長いし、暑いから大変そう・・・
去年話していた

水もダメなんでしょ?
「ダメ、ダメ」と笑う
去年初めて行ったイフタールで、
日が沈むと、招待客もそっちのけで
水を1杯、2杯・・・と女性でもあおるように飲んでいたのは
強烈な印象だった

「今は、食べ物少し作る
Aさんは、いっぱい いっぱい 食べるの好き
今度一緒にディナーを」
ご主人はまたオーストラリアに行っている
帰ったら一緒にご飯を食べましょうと言うことらしい

(わざわざいいよ~)イフタールでいいよ~
「いい?」
いいけど、バングラの時と、インドネシアの時に呼んでね
「ハイハイ、わかった!」と笑う

昨年、2度行く機会があったイフタール 1回目  2回目
普段モスクに行かない女性には、異国で暮らす社交場、情報交換の場所のようで、私も知らない人と話をしたり、子ども達がたくさんいて楽しかった

何時から何時?
「4時(頃)から7時(頃)まで」
朝4時ごろ食事をして、夜7時までは長い
じゃあ、midnightにおやつを持ってきたらいいのね!(笑)そういうと
「そうそう!」と笑う
そして必ず、
「娘と一緒に来てください」とも
[PR]
by stefy3 | 2008-09-03 06:33 | 近所の住人