通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

お盆に会った人々

「イランにも、お盆のようなのがありますか?」
「あー、日本のお盆はね~もともとゾロアスター教のウルヴァンから・・・」
そこまで聞いて、以前も同じことを話してくれたのを思い出しました。
2つの文化を持つ彼は、流暢な日本語で、ペルシャと日本の関係を教えてくれます。
その彼は、つい先日まで大学院を卒業したら、アメリカに行くと言っていたのですが「いい話があります!」と。
ある日本企業から誘いがあって、それはとても怪しかったので、キャリアオフィスと何度も相談していら、また日本で就職しようかと言う気になってきたと。
大学を卒業後、一度は就職したのですが、会社の方針が合わずに大学院に戻ってきた彼。
ダンナが
「大使館に勤めないのか?」と。お母さんがイランの大使館で働いています。
「通訳とか翻訳とか、今大使館の仕事は女性の仕事だから」と
それでも、ペルシャ語を話せるイラン人を必要とする分野が見つかったようです
でも、パスポート用の写真をお願いしたいんだけど、と。
アメリカのグリーンカードから写真が必要とメールが来たので、ダンナに頼みに来たのでした(笑)
証明書の写真を数枚並べて
「年取ったでしょ~!」と言うので、
「あ~ら、入学1ヶ月位から知ってるんだけど!」と大笑いしました
今度も、日本では「グルジア」って言うけど英語ではジョージアって言うんだよと教えてもらいました。
確かに流れていたCNNではGeorgiaでした


お盆休みで東京に就職した学生さんから電話がありました
「アパートのみんなは元気?」
その後、彼女に頼まれごとをしたと、同期の卒業生がやってきました
昨年秋から仕事をしてるので、もともと上手だった日本語はさらに上手になっていました
中国人は数人いるけれど、他の外国人は初めてとった会社は
少し年配の方々と一緒に仕事をしていて、ストレスもなく、
タイにも何度か出張に行ってるとか
「職場の日本人の方がボクより英語が上手いですよ!」と
ゴールデンウィークに休みをもらって帰ったゴールの町は
津波の跡形も無かったけれど、物価はとても上がっていて
ガソリンは日本と変わらない位
「仕送りしてるのか?」とダンナがききます
「3万位。でもスリランカでは普通の人の給料の2倍位。十分ですよ!」と
今期は満額のボーナスももらえたはずで、ここまでくるとホッとします
福岡で勉強していた弟も日本企業に就職が決まったそうで一緒に来ました
「寮はシャワーだから。毎日温泉に入っていたのに・・・」
福岡から車で、わざわざ来たのだった


休みで隣町のショッピングモールに娘を連れて出かけた時
エアコンもない外周の通路でワゴンでインドのショールを売る卒業生にいきなりハグされました
彼女は卒業後も帰らず、日本で就職もせず、自分で仕事をしています
「妹さんは?」妹と弟と会社を作って小さなレストランなどしていました
「妹は止めた。日本の会社で働きたいって。弟も帰った。今度は私がシェフもする・・・」
いつも強気で勢いがいいですが、別れた後、娘に
「だーれもお客さんもいなくて、知り合いも居ない所でお店をしてて、寂しかったのは本当だとおもうよ」と。


帰ってPCを開けると、春卒業して行った学生さんから
facebookでメッセージが来ていました
I`m very sorry for giving you trouble ・・・
とはじまるそのメールは、始末しきれず残していった荷物のかかった費用を教えてくれと言うものだった
さて・・・
費用を請求するつもりなどはないけれど、
別れの時言う時間のなかったことを今伝えようか・・・
[PR]
by stefy3 | 2008-08-16 07:52 | 近所の住人