通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

泊まっていって!

と言っても、全然色気のない話です(笑)


ダンナが
「新聞社の人が、なんか、うちの学生さんに聞きたいことがあるって言うから、電話そっちに回すから」と 
内容は、物価が高くなってきているから、留学生さんの生活も大変だと思うので、3年生か4年生に、話を聞きたいというものだった
ちょっとその方とお話した感じが、あまり留学生の事、この町のことを知らない様子
例えば、
「留学生は、皆さん奨学金をもらっていて、その額で、例えば授業料免除の他に、生活費も貰っている方もいて、大変とか、モノ(食品、日用品など)は高いか、高くないか、違うようですけどー・・・」と言うと、
あ~・・・

「バイトがね、なかなか見つからないとか、バスパス(一年分の定期・一年分だと75%offになるが、4月と10月にしか買えない)を買う時は、まとまったお金が要るから、その前の休みは、工場などのバイトの掛け持ちをするとか・・・」
あぁ~・・・
「仕送りとかしてもらうんですか?」
「スリランカの大卒初任給が1万から2万ですから・・・難しいんじゃないですか」
あぁぁぁ~・・・
と言った具合

どーなんかな~
私も今の学生さんの細々した事情は良く知らないけど

それでも、とりあえず私が学生さんに取材を受けるか、受けないか聞いて、受けるとなったら、ご自分で連絡を取ってくれると言うので、聞いてみることにした
「大丈夫ですよ~皆さん日本語上手ですから~」・・・怪しいけど(爆)

8時になるのを待って行ってみた
まだまだ真っ暗なアパート
ベトナムの学生さんがいた
聞くと、2.5年生(秋入学なので)
物価は来た頃より、チョットずつ上がっていると感じるけど
それはそんなに大変なことじゃないと
「バイトで、時々叱られます」
「なんで?」
「ドーリョーの言う事がわからなかったり・・・
夏になったらバイト、Tちゃんの所に変わりたいです」

「2、5年生だから、受けなくてもいいんだけど、どーする?」
「日本語が・・・みんなと話して・・・お母さんも一緒なら・・」
いや・・・;みんなじゃなくて、一人になると思うよ・・・;
まして、私は~・・・;;;;;;;;;;;;;;;

「じゃあ、断ろうか?」「ハイ♪」
帰ろうとすると
「Tちゃんが、いつも私のいない時に来る!と言います!」と
明日にしようと思ったけど、10時になるのを待って、もう一度行った

同じように聞いてみる
「物価はー高くなってるけどーそれはそんなに問題じゃない」
そーだよね~
「それに3年や4年になったら、そういう大変は自分でなんとか出来ます」
ハァ~偉いね~~


この県は所得は少ないけど、物価もTVで言うほど高くない
しかもこの町は最近大型スーパーがたくさんできて、
ドラッグストアーでも食料品を扱って、競争のように特売のチラシが入る
スーパーで200円位の牛乳も、ドラッグストアーならいつも168円か158円
低脂肪牛乳なら100円位
食パンも毎日100円を切る所もある
そういうところは夜買い物に行くと、韓国語の学生のグループ、中国語のグループは声が大きい(笑)
スカーフをした人、東南アジアでよく見る腰巻のような男性もいる
もちろん、日本人の学生さんもたくさん
八百屋さんの終いに滑り込んできた学生さんは、苺を半額にしてもらった
もちろん、スーパーの隅っこの賞味期限間近の半額になったのを上手に買うのも

「どーする?」
どっちでもいい様子
「でも、今は二人でご飯を作っているから(あまり物価が高くなって大変と言う事は感じない)」
そういえば、さっき来た時に、先に帰っていた方がご飯の用意をしてテーブルに並べてあった

「その箱?なーに?」
1M位の大きな箱がキッチンの横に
「送ってくれた?」
「持ってきました!」
「前はーWちゃんのお母さんがー29キロ送ってくれた!
「もーーーー!オジョー様なんだから~!」(笑)
全部食品。ベトナムのインスタントラーメン、お粥などなど
魚のお粥をくれると言ったが、手ぶらできたので遠慮しておいた(笑)
c0023323_7385420.jpg

お粥と言ってもお湯を入れて3分のこんなの

もちろん、スリランカの学生さんの部屋にもある
ドバイの義兄からのもあった
日本人の学生さんももちろん
米、さつま芋、お茶、黒米まで入っていた

「断わっておこうかね」「ハイ♪」
な~んだ、私に気を使って取材を受けてもいいと言ってくれてたのかな

帰りがけ、
「私の部屋に泊まっていって~」と冗談とも本気とも・・・
「えー私がTちゃんのベッドで一緒に寝たら大変!」
「なにが?」
「寝相が悪いから、明日、寝違えているよ!」
ソレはわからなかったようだけど、大笑いで帰ったのは11時ごろだった
以前の日本人学生さんも、よく
「夕べはみんなで川の字で寝た!」とか

玄関横の洗濯機に洗濯物を入れる最近入ったベトナムの1年生
こんな話をしてきたんだけどと話すと
「ワタシも奨学金が少ないので、バイトバイトです」と笑う
「ホテルでどんな仕事?どんなお手伝いをするの?」
「日本語が、まだですから、葱を切ったり・・鍋を洗ったり・・・大体洗ってます」
「明日は、12時から夜8時までです」と
大丈夫、4年後にはいとこのお姉ちゃんみたいに上手になるよ

もう一人3年生になるのがいるんだけど、
彼はいつもバイトバイトで、
高いスニーカーが玄関に無造作に転がっているからね~(笑)
[PR]
by stefy3 | 2008-05-11 07:51 | レトロなアパート