通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

聖火リレーを見ながら

聖火が香港に到着したらしい

その晩のTVからは
初めてオリンピック聖火が平壌を走る様子を映していた
長野ともソウルとも違っていた
「そこに住んでる中国の子が
長野行ってたって」とダンナが思い出したように言った
「聞いてないけど、言ったんでしょ?」
「ああ」と

以前近くに住んでた北京からの学生さんは
仲良くなって
「中国では絶対言えない」と言う話をしてくれた事もあった
それより前、
大学院生になるインドの学生さんが
「中国人は日本の弱点を探そうとして来るんだけど
来たらこんなによかったんだ!って思うんだよ」
と笑いあった事もあった
「ワタシはインド人!チベットには行ったこともない」と言うけれど
チベット系の彼女はどこでも
「どこの人?日本人?」と聞かれる容姿
部屋にはダライラマを祭っていた彼女は
どんな思いだっただろう

長野に行った学生さんは
自慢したかったのだろう
誰かに話したかったんだろう
彼も五星紅旗を振ったのだろうか
大連で建設業を営む父のため、家族のために
卒業したら帰るとか
「家族のために日本で就職する子もいるんだよ」
と言うダンナの話は、最初理解出来なかったようだ
ワンルームマンションに住んで
ネットで自国のニュースを読み
友達は同じ国の学生ばかり
コンビニのレジのバイトは
日本語のコミュニケーションも必要ない・・・
それは日本人も同じ事なのだけれど・・・
こういう時代に学生時代を過ごせなかった私など
もったいないと、つい・・・

数日前に会った韓国の学生さんは
兵役も済ませて
就職が決まったと言うので、一緒に喜んで
「お父さん、お母さんも喜んだでしょ!」と言うと
「ボクは長男だから、月に5万円位お父さんに返したい」と
日本は、東京オリンピックを機にカラーTVが普及した
韓国はTVが普及したのは、ここ十数年くらいだろうか
ソウルオリンピックで漢江の汚染も綺麗になったと聞く
彼も幼い時は、祖母の家に預けられていて
とっても田舎で、いやで
早く家族一緒に住みたい時があったそうで
父親はメキシコなどにも働きに行ってたことがあるとか
だから、今、東京にはコリアタウンがあって
韓国料理が美味しいと言う私に
「韓国料理じゃなくてもいい」と笑う
懸命に働く苦しい両親を見ていたのだろう

ちょうどそんな時にスリランカから赤ちゃんの写真が届いた
c0023323_6145748.jpg

卒業して結婚し、ドバイに行った子が里帰り出産で
ピリヤンダラに戻っていた
家から10分位の場所でのテロだったらしい
アパートに残っていた弟から無事は聞いていたが、ホッとした

この子たちの未来に
本物の平和が来ますようにと願わずに居られない
[PR]
by stefy3 | 2008-05-01 06:50