通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

My name is・・・

10時過ぎに電話が鳴って
「留学生ですが、アパートがありますか」
と男の子の声だった

田舎は10時過ぎたら夜中も同然
まして0時過ぎなど
誰か死んだか?!と思う
学生さんたち、特に留学生さんたちとは
同じ場所に住んでても時差があるようなもの

「ゴメンナサイね、うちはgirls onlyなの」と言うと
「???」
男の子もいるんだけど、兄弟だから入れたの
って説明すると、途中から声が変わった

中国の学生さんで、アパートを探しているんだけど、
お宅に入れてもらえないか?と
日本人の年配の声なので、事情を説明して、
近所に住んでる留学生ですか?とお聞きすると
B大学と。
「主人が名刺を差し上げたようですが、どこで?」
「いや、友達からもらったらしいんだけど・」
「じゃあ、お会いした事はないんですね。
きっとそちらの近所の方が(安いアパート)
あると思いますし、
この近所も不動産屋さんに行ったらあると思いますよ」
「いや、こっちも探してるんですが・・・
事情は分かりました」
と終わった

おじさんの気持ちは分かるけど・・・
私も昔は、大手不動産屋さんが貸してくれなかった時代、
学生が
「夜歩いて、電気の点いてなかった空き部屋を聞いてみるの!」
と言っていたのを思い出して
夜歩いてsちゃんのアパートは見つけた(笑)
その前は
近所のふーーるいアパートはどこも訪ねてお願いした

でもね、うちのダンナ、名刺はもってないの。

電話を切った後
「名前を名乗れー!」と叫んだ(爆!)
なんかさ、こう、お日様の下を歩くように
ぱーーっとしようよ
・・・TVを見たのかな。
そんならそうと言ってくれたらいいのに・・・
敷金ナシは、間違いでしたよって言ったのに(笑)
c0023323_613264.jpg

携帯の時代だから、私は古いのかな~(爆)

でもね、私も見知らぬ学生さんとちょっと話して、名前を言って
近所に来たらよってくださいねと言うと、
あーっhusbandを知ってる!となったり、
その後にご縁があって、あーこの前のっ!
となったりね♪
[PR]
by stefy3 | 2008-04-03 06:40 | 近所の住人