通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

歓迎会とビデオ撮りとサプライズ

大学は秋に沢山の留学生が入学してきます

在校生は授業とバイトで忙しい毎日ですが
スリランカの学生さんの新入生の歓迎会がありました
c0023323_943468.jpg

昼過ぎ、サロン(スリランカの男性の日本で言う腰巻のような、スカートのようなもの 最近はミャンマーの映像でよく見ます 以前いたミャンマーのカップルの結納の時の正装は豪華でした)姿で、
「今から用意するから、来てください」と来ました
ダンナが公民館の鍵を渡します

いつもの料理はこんな風ですが、今回は前の晩から準備して・・・寝てないそうです!
*サンドイッチ
(スリランカ風?辛いです!!)
*カツレツ
(ジャガイモのコロッケといった所 サーモンが入ってます)
*カバブー
(肉団子、パイナップル、ピーマンなどの串刺し 娘はこれが一番美味しかった!と ^^)
*エッグボート
*スリランカのお菓子
ジャガリと言うスリランカの黒砂糖のようなもので、くじゃく椰子の花の蜜を煮詰めたものを、ベスン粉と言うヒヨコマメの粉でフライにしたお菓子のようです)
*チキンスープ
(カレーを作ろうとして、クリームシチューのルーをいれちゃったの~って味でした^^;
辛かった~~!しかも、なぜか、お開き直前に出てきました^^;)
このチキンスープのようなのを 腎臓の手術で入院してた子に持ってきてくれたのを見たことがあったので、
「これは、どういう時に食べるの?何か特別な時?」と聞いてみましたが、
最後に、日本は8年目という今春佐賀からいらっしゃったと言う先生が
「これは、ここのスペシャルだよ。スリランカにはないよ~」と笑っていました
この先生にはお子さんが二人と、もう一カップルに8ヶ月の赤ちゃんがいて、人気者でした
家族連れや大人の学生が増えるのは、このコミュニティーにもとてもいいです

この日は先日のTOSでのうちのレトロなアパートの放送を見て、県の人権同和対策課が、人権啓発用のビデオの制作をする制作会社の方が、撮りに来ていました
行政視線になりがちなビデオを、うちのような民間レベルで交流している人に出てもらったら、ビデオを見た一般の方が、自分にも何か出来るかもしれないというきっかけになるのでは・
と言うオッファーでした
ダンナと、よくよく相談して・・・
皆さんに理解を頂くならと・・・
でもね、私たちはいつもとおんなじ 特別な事はなにもないです
編集でどんなビデオになるものやら

面白い話が沢山ありました
日本の鯖は 甘い!と言う話になって
えっ??あまい???
生の鯖じゃなくて、一汐とか甘干しです。スリランカの干し魚は、強烈にしょっぱいくて・・酒の肴じゃなくてカレー用ですね^^;

なんで、うちの家族しかいつも日本人がいないのか?
単位の取り方とか、運転免許の取り方とか新入生に話す会だから
うちは?
もう、スリランカ人ですから~(こらー!いつも何言ってるかちーっとも分かんないんですけどー!)
そこで、ちょっと説明が要領をえないので、B大学の日本語ぺーらぺらの男の子を引っ張ってきて^^;
「僕達は国際交流サークルに入っていて、毎週水曜日に、いろんな国の人と一緒にいろいろな事をしています。料理を作って一緒に食べたり、ゲームをしたり。19日にボクのアパートで忘年会をします」
すかさず
「お母さんも、いってもいい?」
「いいよ~」
と言う事で、参加します♪もちろん、制作会社の方も一緒に

制作会社の方が来る10分前に、もう卒業してスリランカ航空のエアーホステスをしている子が、突然来ました
ビックリして「どうしたの?」と聞くと
「懐かしくて来た!来たかった!みんなに、パパとママに会いたかった」と
c0023323_10234955.jpg


大量のサンドイッチとスープが残って、「食べる?アパートのみんな・」と言うので、
ケースと鍋ごと持って帰りました。
「女の子ばっかりのアパートで彼はいつも、noisyだからね~」とみんなにからかわれていたexception君が
「私から!」と言ってと・・・誰がいいますかっ!(爆)
From All SriLankanと書いておきました(爆)
近所の旅館のオバチャンから借りた鍋やケースは、日本の【すぐ】、
翌日に返さなくっちゃ(笑)
[PR]
by stefy3 | 2007-12-10 10:31 | 取材など