通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

最後の朝

急に春から日本で働く事になって、
入管やら内定式やらで
お父さんと一緒に帰るはずが、本人曰く
「ワタシの予定は メチャクチャ!」だったHちゃん
今さっき帰った


数日前から流石にバタバタしだして、
いいも悪いもなくなってきた(笑)

夕飯の準備をしていると、ダンナが
「あのー・・Hが来てるんだけど・・・ブッ○オフにコンポ取りに・・・」
「いかれません!ってさっき言ったじゃない!(怒!)」
と言いながら、結局行ったり(笑)
「チョコレート?じゃあ、途中で買おうか。
私もついでがあるし・・・」(笑)

スリランカには、まだ日本の普通のチョコレートがお土産なんだ・・・
お父さんも、買って帰ったね
マーリーにもアユーシャにも
持って行ってもらいたいけど・・・
入らないだろうね。


「おもちゃは いつ する?(してくれる)」
「何時がいい?」
「ワタシ今から学校に行って、夜はバイトの人達とファミレスでご飯」
「何時でも。9時でも10時でも。帰ったらね
あっ、叔母ちゃんが、顔を見たいって
さよならが言いたいんじゃない」
「OK!OK!」

夕方、B大学の男友達が荷物を取りに来ていた
ついでにぬいぐるみのでっかいクマちゃんを
布団圧縮袋に入れる
それは、娘の誕生のお祝いに頂いたものだった
物置に入ってるぬいぐるみ、好きなの持ってっていいよ~
と言ったら、近所のナディさんの部屋にあった
彼女は1年でいなくなった
この色あせたぬいぐるみが海を渡るのか・・・


「アレルギーがあったから、娘はほとんど使わなかったわね」
と懐かしがっていると、
「でも、大きいよ!スーツケースに入らない~!」
B大学のスリランカの男子学生が
「しまった!今朝のB君に持って行ってもらったらよかった。
荷物は何もなかったんですよ」
入ったばかり、わずか1ヶ月でお父さんが亡くなった
急いでみんなから集めた13万
チケットは18万したそうだ
「日曜のお葬式に間に合ったね。頑張ったね。」
「助け合うのは当然じゃないですか!どこの世界でも!」
ネパールの子ども達も、30人いるから30万集まる!
28万のチケットでOK!
と以前住んでたSちゃんが具合が悪くなった時に言っていた
でもね、
昨日ブッ○オフに入る時、
出てきた女性が私たちのためにドアを押さえてくれた時、
Hちゃんは
「東京では ないね」と言ったよ・・・


「じゃあ、Aちゃんに預かってもらったら?
勤務地は絶対福岡になるよ」
Aちゃんは、袋をとってもいいかと。
「なんか・・・怖いじゃないですか?!」
圧縮袋は高かったの・・・きっと(爆)
入れておいてね~(爆!爆!)

夜また車が止まって、残りの冷蔵庫を取りに来た
アパートのHちゃんの部屋には人だかり
日本人のHさんも
「あたし、すでに30分遅刻なんですけど~」
とバイトに行く前にお別れを
c0023323_5571634.jpg

今朝、
「4年間、ありがとうございました」と
[PR]
by stefy3 | 2007-10-20 06:28 | レトロなアパート