通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

商店街の秋祭りの話し合いが終わって、
先に出た近所の商店の奥様を追いかけ、
バイクで帰る学生さんを捕まえた

私なんかが出る場所ではないが
「女はわたしひとりなんや、来てな」
っと言う近所の商店の奥様の言葉と
学生さんが提案した
留学生の夢の話(スピーチ)のその後が知りたかった
話し合いの席では一度も出なかったので、聞きたかった


アパートのAちゃんが帰って来たところに出会って
あの彼は来るのかな?
アレ、いいな~やりたいな~
なんやったら、オバチャンも夜中に近所の留学生のアパート回って
お願いするけど?っと笑った


「やりますよ!」っと力強い返事
数年前、インドの学生さんが踊りを披露した後、
私はこの町に住んでいて、ここが大好きと言ってくれた
c0023323_730575.jpg

あの時、
近所のオイサンも、オバサンも、
ジーちゃんも、バーちゃんも、感激した
片言の日本語でもいいから、ここに住んでいる留学生の
日本に来た将来の「夢」の話を聞きたいなぁ


そんな話をしていると、ダンナの大きな声がした
道を挟んで向こう側で車の修理をしていたのは、
卒業式が終わってうちに寄ってくれると言っていた学生さん
どうも車の調子が悪くて、
その日のうちに福岡の弟さんのアパートに戻るはずが
前に住んでいたモト旅館のアパートで、
一晩泊まることになったらしい

会えないと思っていたのに、思いがけず御両親と弟さんに会えて
あんな話、  こんな話  いろいろ思い出して 少し話した
事故のことは数日前に両親に話したと言っていた


10月から東京で働く彼の卒業写真は夢がかなって真紅のガウンで笑っていた
c0023323_7351099.jpg

[PR]
by stefy3 | 2007-09-16 07:38 | 近所の住人