通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

カレーリーフとランペ

カレーは懐の広くて深いところが離れられない魅力です

一流ホテルのカレーから、専門店のカレー、オリジナルのもの、日本のカレールーのカレー

そして食べなれた「うちのカレー」

インドもスリランカも、同じチキンカレー、ジャガイモのカレーでも、家々によって、作り手によって、地域によって、微妙に味も作り方も違って、
「でも、それもありよ!」
「それでも、いいよ!」
っと太っ腹な返事が返ってくるのが魅力的です

でも、これがなくっちゃね~っていうのがいくつかある

スリランカのカレーには
★カレーリーフ
c0023323_10404393.jpg

スリランカ名 カランピンチャ
インド名 カリパタ
日本では 南洋山椒 大葉月橘
学生さん曰く
「ここでは(生が)ないから、(しょうがなくて)ドライを使うの。
国では使わない」もの
虫歯を予防するのは有名ですが、先日
「体の中の悪い油を出す」っと言っていた学生さんがいました
南インドのカレーも、これがないとねっというもの

★ランペ
c0023323_1041487.jpg

インドネシアでは パンダンリーフ
タイでは バイトーイ
インドネシアやマレーシア、シンガポールなどでは
お菓子の色付けなどにも使われる
スリランカでは、カレーやターメリックライス(イエローライス)などに
独特のスモーキーな香り
[PR]
by stefy3 | 2007-06-11 10:46