通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

かろやかに

イミグレーションの帰りに、
「もう授業は全部終わったから 帰るの」
と インドの学生Niちゃんが寄ってくれました

「私 日本代表よ~」
と言うだけあって、流暢な日本語を話します
夏休みに ドバイで仕事も決まったので、会うのは最後かもしれません

いつも気になってもすぐに忘れてしまうあれこれを教えてもらいました

一番はサーグとパラックの違いでした
もう一つはキーマカレー
娘がキャンプの時、「どこを食べてもお肉がある!」(笑)
と、帰ってから何度も言うので、ひき肉とジャガイモなどを入れて作ったりしてるんだけどね
インドでは、合びき ないよね~チキンか??
c0023323_7331570.jpg


「マトンだよ。」
そーか~~インドはマトンだったね~
昔北海道から取り寄せたマトンのビリヤーニ、御馳走になったことがあったわ~

「これね、ハングヨーグルトとバナナのケーキ」
「ハング?」
c0023323_7334578.jpg

「hang?じゃない?水切りヨーグルト」
「あ~インド語でも、水切りだよ」(爆)


スーパーの階段でこけたと聞いて、あわてて病院に行くと、
「1分で救急車が来たよ!インドではないよ!」
と驚いていたのも懐かしい

おしゃべりの間にオマーンに住むお母さんから
ドバイのビザが下りたと電話があった

「残念だね。こんなに日本語上手になったのに・」
「もう、日本はいい 笑」

バナラシから 日本 ドバイへ
「ドバイ、日本と違って経験が大事だからね。今の会社に慣れたら、違う会社に行く」

日本での苦労を自信に変えて かろやかに去っていった

もちろん身に余るお礼の言葉を残して

卒業式に帰って来たら、お母さんやお父さんも来たら
また 一緒にご飯を食べようね
[PR]
by stefy3 | 2007-02-09 07:46 | 近所の住人