通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

クリスマスファンタジアとバングラディッシュカリー

ここは、クリスマスファンタジアと言うイベントで、港で冬の花火がありました。
2晩続きます。
昨晩は、子供たちとクリスマスソングを歌う会もあって、娘がお土産欲しさに出ると言うので、小雨の中、行って来ました。

冬の花火も、夏とは違って、何度見ても素敵です。
c0023323_658114.jpg


c0023323_6583434.jpg


c0023323_6585269.jpg




ステージすぐ側に、留学生援護会の屋台があります。
韓国のクッパ、焼き鳥、タンドリーチキンとピタパン、ナンとキーマカレー、肉まん、ナシゴレン、ジュースにビールなどなど。

今年は、知った顔ぶれがいたので、裏に入っていくと、スタッフ以外は、入ったらいけないと・
「呼び込みの ボランティアです!」
もちろん場所は、毎年、ヒレ酒の隣(爆!)
「今年は、タンドリーチキンと、バングラディッシュのカレー、他にもインドカレーのお店が出てるから、売れない」と学生さんが言います。
一時、そこで呼び込みをした後、ズルズルとバングラディッシュカレーに移動。。。。
丁度カレーソースを作っていました。
船の櫓のようなので、大鍋の寸胴をかき混ぜるお手伝いをして・・・
「どこから?ダッカ?」-「そう、ダッカ」
「どこに住んでる?」-「寮」
「1?2?」-「1」
「四年?就職は?」-「3月から就職活動。前の彼は研究生」
「美味しそうね」-「もっと少なかったら、もっと美味しい」
「じゃあ、お母さんとこのおばちゃん(お金は日本人ボランティアが扱います)と寮に行ったら、ご馳走してね」-「もっともっと美味しいよ」
・・・名前も知りませんし、聞きもしません。あちらも、聞きません。楽しい会話でした。

前の少し歳のいった彼も、一生懸命呼び込み
「メッチャ美味しい!本場のバングラディッシュカレーいかがですか~~!」
そこに、地元のケーブルTVのカメラマンが濡れたカメラを拭きに来て
「儲かってる?」-「???」
研究生や、大学院生は、日本語を話せない方が多いので、そっと後ろから
「こういう時は、ボチボチでんなぁ~って言うのよ」ー「???」

バングラディッシュのカレーは フライドチキンとフライドエッグにカレーソースをかけたとっても美味しいカレーでした。きっと自慢の味なんだろうなぁ~と思ったら、塩加減を味見させられました。(笑)

クッパ、タンドリーチキンとピタパン、ナンとキーマカレー、そしてバングラディッシュのカレーと
声がかれたので、少々のビールと頂いて・・・娘を引き取りに行くので、ボランティア終了
名前も知らない日本人の方々にも、また来年ねっと言って。
c0023323_7193291.jpg

[PR]
by stefy3 | 2005-12-24 07:25 | 田舎の風景