通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

Unknown person

空き部屋の看板を出すと、ドアを開けて尋ねる学生さんがいる
「残念だな~ここは女の子だけなんだ」
ミャンマーの学生さんで、知らない子だったけど、
「この前のビデオ撮ったのオレだよ」とだんなが言うと、
「知ってる!」と(笑)

c0023323_7213963.jpg

電話もある
TVで見たんですが、そこのアパートに入りたい・・・
だったか、息子を入れたい・・・だったか
日本人だったが、これまた、男子の学生さんだった

2週間借りたいと電話があったのも男子学生さんだった
9月と言うから、多分卒業式に家族が来るのだろう
まだまだ先だけど、困るだろうから、ゲストハウスを教えてあげた


メールは、アパートのAちゃんが
「エッ?もらってませんか?」と来たので、
そのお友達に、もう一度メールをするか、電話をくれるように伝えてもらうと、
夜になって、少し怪しい?(笑)日本語で電話があった

2010年3月卒業して、今は東京に住んでいる
妹が入学することになったので、
来日したら、そのままここに来たいと言う
顔も知らないし、契約のこと、保証人のこともある
「何度もAちゃんの部屋に遊びに行って、気に入ってました
妹のため、そちらの部屋を 要約 したいです」とあった・・・
丁寧なメールなんだけど(笑)
ベトナムの妹さんからもすぐメールが来て、一部屋確保しておく事にした

若さは、時間も国も常識も・・飛び越えていく

我が家の娘も、行きたい!とこの夏セブの語学学校に行っている
直行がなく、仕事もあって、福岡行きの高速バスに7時に乗せて一人で
香港経由でセブに着いたと連絡があったのは夜10時を回っていた
携帯は、未だいらないと言うので、持たせていない
シュンとしてたのはその晩だけで、
誕生日もセブで迎え、徐々に元気が出て、
週末はSKYPも繋げず、
毎日留学前の韓国の大学生と仲良くさせてもらっているらしい
セブにはこういった韓国系のステップアップの語学学校が、たくさんあり、
娘の学校も日本人は1割位?
昔、20年位前は、ソウルの街中で英語が通じなかったのに、韓国の海外進出の秘密を見たよう


小さい頃大好きだった韓国のカキ氷、ピンス
c0023323_854198.jpg

やっと繋がったら「超楽しい!今も韓国の友達とドラマを一緒に見ていた」と
祖母は、
「大丈夫かい?言葉は通じるんかい??」と(爆)

若さは、国境も民族も歴史も乗り越えて行く



出発前に 誕生日ケーキ代わりのコブラー
c0023323_8543488.jpg

[PR]
by stefy3 | 2010-07-27 07:47 | レトロなアパート