通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

うしろ姿

眼鏡屋さんからの帰り、なだらかな坂をゆっくり走る

ダンナの友人のお母さんの家の二階に住むスリランカの男の子の部屋に洗濯物が干してあって、珍しいなぁ~と思いながらゆるいカーブを曲がる

ピンクのTシャツ、腰高で少しお尻の大きなの女性の後姿
外国の人だ
通り過ぎてミラーに写ったのは、サングラスをかけていた
昔この辺りに住んでいたスリランカの学生さんに似ていて、娘に
「サマンマリとヌワンティーを足したような人だったね」
感心がなさそうな「ふ~ん」という返事

車をガレージに入れ、もう昼食の用意をしなきゃとキッチンにいるとダンナに呼ばれた

ビックリ!!まさしくその人だった
卒業と同時に結婚してイギリスに住んでいるはず!
別れたのは、昨日のような笑顔と日本語

弟さんを心配したのと、懐かしいのと、経済的に少しは余裕のある暮らしなのだろうか
弟が入学する時は、イギリスに住む彼女からメールも電話も来て、
大学に掛け合って、ダンナは少し大変だった・・
ホテルのフロントで働いていると、結構出張の日本人のお客さんがあるとか
駐在で来ている日本人の家族とも仲良くしているらしい


チョコレートやコンサーブのお土産の中に
「私が作ったケーキもあるから!」
c0023323_7373574.jpg

へぇ~~
昔、お料理上手なスリランカのアンティに御馳走になったケーキにも似ていたイギリス風のフルーツケーキだった
[PR]
by stefy3 | 2010-05-06 07:52 | 近所の住人