通り過ぎる風

stefy3.exblog.jp
ブログトップ

マレーシア

Malaysiaに行ってきた。普通の安いツアー・・・のはずでした
c0023323_74516.jpg


行く前に、ダンナと私とそれぞれメールを出した
ダンナは、大学院を卒業して帰ったマレー人の友人に
私は東京で働く華僑の卒業生に
3年帰っていないマレーシアだけど、公衆衛生や安全、そしてトイレの違いなど細かいアドバイスが帰って来た。ティッシュぺーパー、除菌シートなど持って出かけた。

マレー人の友人は、自分が働くPutra Jayaを案内してくれるというが、そんなに親しいわけでもなかったのに・・と思っていると、お別れに持っていった苺大福をよく覚えている・・と返事が来た。
何か欲しいものは?と聞くと、【カットわかめ】
空のスーツケースにいっぱい詰めて出かけた

c0023323_782065.jpg
マスジット・ジャメ(旧モスク)と高層ビル

KLは高層ビルとモスク、煌く夜の賑わい、聞き取りにくいがどこでも英語が通じ、インフラが整って、何より高速道路も地元の道路も整っているのは予想外で、マレー人、中国系、インド系、オーストラリアの観光客、アラブ系の旅行者、そしてその胃袋を賄う豊富でバラエティーに富んだ食は予想通りで嬉しかった
スパイスもハーブも、欲しいものはなんでもあった(笑)


待ち合わせのPutra Jaya駅は、高原の風が吹いていた
日本で見覚えのあるエスティマは、フロントガラスの割れた所に、テープを張って迎えに来てくれた

c0023323_7211499.jpg
植物園


c0023323_7223385.jpg
Putra Jayaモスクと首相官邸、マレー風の赤い美しい屋根

念願のモスクも、日本語を話せる人を探してくれて、ミナレットとモスクの説明も聞いた
c0023323_7261699.jpg

中には入れなかったけど、ドームを見たかったと言うと、友人の奥様が写真を撮って来てくれた
ドームは、美しいIslamic Arts Museumで本物を見る事ができた

c0023323_92208.jpg
Islamic Arts Museum Entranceの美しい柱

朝からずっと案内してくれたので、もう十分、これで帰ろうと言うと、友人は
奥様が床を磨いたり、新しい家具を買ったりしてるんだ!来てもらわなくっちゃ困ると(笑)
私も子供たちに会いたかった

家に向かう途中、近くで採れるからこのあたりのフルーツは美味しいの!と、バナナの天麩羅、ジャックフルーツの天麩羅、ロンガン、マンゴスチン、ココナッツジュースを求めて、何往復もしてくれた

Kajanの家に付くと、娘と同じ小学校に通っていた上の子たちが、ずっとそばについていた
きっとよく言い聞かせられていたのだろう
おじいちゃん、おばあちゃんは英語も日本語も話さないので通訳をしてくれた
夕方には親戚もきて、メイドさんも2人いたようで、もう誰がなんだかわからないほど、食べろ!飲め!(たぶん・笑)と田舎の親戚に行ったようだった(笑)
c0023323_7381056.jpg


他にも、ホテルのスタッフのオイチャン、イケメン君、6月から働き出したばかりの日本人のお嬢さん、そのボスのインド系の美人、オヤジギャグの中国系のガイドさん(彼曰く、日本人移住者の多い Cameron Highlands は、老人ホームとか・・・うちも老後はマレーシアと思っていたけど、どうしよう・笑) ・・・おいしいものも沢山食べた(笑)
楽しい旅を terima kasih(ありがとう)

子ども達の要望で、ビデオを小学校の先生に、奥様に託されたものは知り合いに届けた
うちのDVDと子ども達のリクエストの【日本の可愛いもの】も、そろそろ届くはず


★後日、私のお礼のメールに奥様から、日本とマレーの家のトイレはとても違うので、家に泊まるよう招待する事が出来なかった、ごめんね、とメールが来た。
マレーシアのトイレ事情は、2007年9月オープンのPavillion(Bukit Bing Tang )は、ちゃんと個室にトイレットペーパーもある洋式トイレでした
Islamic Arts Museumも、洋式で、個室の中にシャワーがある
1999年オープンのMid Valley Megamallは、女性用トイレの入り口に一つ大きなトイレットペーパーのロールがあって、皆さんそれをとって個室に。個室は洋式、マレー式半々位。どこもお掃除のオバチャンがいて、とても清潔
ちなみに、マレーシアに蚊はいないし、虫もいないようで、夜でもドアは開け放していました。南国特有のイヤなニオイもしません。かえって別府の方が温泉の排水がにおうかも(笑)
Putra Jayaでは、たくさんのお掃除人を見かけました。
マレー式は、和式のトイレの形状です。
友人の家には、お水の入ったボールに手桶がありました。
お祈りの前に、男性は、トイレに入ってすぐのシャワーで手、足、顔などき清めてお祈りをはじめました。
ちなみに、10年前、我が家に泊まりに来たインド人学生が、洗面所のことでインドと違うと言われたことがありますし、我が家のレトロなアパートにスリランカ人のお母さんが滞在した後、掃除に行くと、やはりトイレにはボールと手桶がありました。
だから、トイレごときで驚くようなオバチャンじゃありませんよ、私は、と返事をしなくては(笑)

[PR]
by stefy3 | 2009-08-25 07:58 | 近所の住人